ラグビーでスクラムとは?何してるの?組み方や掛け声の意味も知りたい

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

ラグビーワールドカップ日本大会が始まります。
当然ながら、日本人としては日本チームを応援したい!!

でも、ラグビーのルールってよくわかんなくてって人は多いのでは?

なんでしょっちゅう押し合っているのか?
押し合って何してるのか?

この記事では、ラグビーの観戦初心者のための最低限知ってほしいことをまとめました。

Sponsored Link

ラグビーのルールを簡単解説

ラグビーって、中学や高校で特に習うこともないし、なんかルールがよくわかんないですよね。
実際、ラグビーのルールは、簡単ではないようです。
なので、ここでは最低限しっておくべきことを紹介します。

ラグビーの基本中の基本ルールボールを前に放つことはできない

  • ボールを前にパスすること 
  • ボールより前でプレイすること 

プレイヤーは、ボールよりも前に出てはいけないことが絶対ルールとなっています。
少しでも出ると反則を取られます。

ボールより前に出たときの反則

  • パスを前にだしてしまったら→スローフォワード
  • ボールを前に落としてしまったら→ノックオン
  • ボールより前でプレイしてしまったら→オフサイド

選手は、常にボールより前に行ってはいけません。
ですから、真横か後ろへのパスしか受けることができないわけですね。

ボールを抱えて進んだ距離は、正味「相手チームを振り切った距離」になりますね。

それから、立ってプレーすることも原則です。

タックルなどで倒されたままボールを掴んでいたら、反則をとられるのです。

ラグビーのチームの人数や試合時間

ラグビーは人数が多いことも、難しそうに見える原因ですよね。
両チーム合わせて、30人でプレイします。

つまり、1チーム15名で試合をするわけです。

そして、ひかえ選手(リザーブ)は各チーム8名です。
ですから、1チームは合わせて23名がエントリーされることになります。

ラグビーのチームの人数:15名+控え8名

試合時間は、前半と後半に分かれており、40分ずつになっています。
前半と後半の間の休憩時間は、ハーフタイムと言い、15分までとなっています。

ラグビーの試合時間:前半40分+後半40分

試合の終了はノーサイドと言います。

ラグビーの得点のとり方やフィールドの名前

ラグビーはサッカーのように、1点ずつ得点が入りません。
ですから、20点~30点~と得点という得点になります。

ラグビーの得点の仕方とあわせて、フィールドについても少し説明します。
線がたくさんあってなんか難しい?

ルールは複雑なので、最低限知っておくべきところだけ頑張って理解しましょう。
どこに、どうしたらいいのかはイラストと動画でわかるよ\(^o^)/

まず、ラグビーでの得点取得方法は2つあります。

1つは、トライすること。

もう1つは、キックすること。

で、具体的に説明します。

トライとは、敵陣のフィールドのインゴールと呼ばれるエリアに、ボールをタッチすることです。

オレンジで囲ったエリアがインゴールエリアです。

ここのエリアに、ボールをタッチです。
トライが成功すると、5点獲得できます。

トライが成立したら、コンバージョンキックというチャンスの機会が得られます。
コンバーションキックとは、ゴールポストの間のクロスバーより上の空間にボールを蹴り通すことです。

五郎丸選手のコンバーションキックです。

2本のボールの間の距離は5.6メートル、クロスバーは地上3メートルにあります。
動画でみると、間を通すのって、意外と狭くて難しいのがわかりますね。

コンバーションゴールが成功すれば、2点獲得できます。

その他に、通常のプレイ中に、ドロップキックを決めても得点できます。
ドロップキックとは、ボールをピッチに一度落とし、跳ね返ったところを蹴る方法です。

見たほうが早いねぇ

これは、3点です。

ボールが、地面から跳ね返った直後に蹴ってますね。
かっこいいなあl

キックは相手の反則でも与えられます。
それが、ペナルティキックです。

ペナルティでのキックが成功すると、ペナルティゴールと呼ばれます。
得点は3点です

まとめますと、

ラグビーの得点のとり方

  • トライ:5点
  • コンバーションキック:2点
  • ドロップキック:3点
  • ペナルティキック:3点

なので、得点は1-2とかでなくて、30-25とかになるんです。

ラグビーでスクラムとは?何してるの?

ラグビーの象徴のようなスクラムですが、あれって何しているんでしょう?
力比べ?のようでもあるし、ポロッとボールが転がるし…よくわかんないですよね。

どのタイミングでスクラムになるのかとか、初心者の疑問を説明します。

スクラムはいつするのか

試合中、たびたびやってますよね。

スクラムとは、ラグビーユニオンやラグビーリーグといったスポーツにおける試合再開の型の一つである。

引用:wiki

軽い反則があったときの再開のときに、スクラムを行います。

反則で多いのは、
ノックオン(ボールを手前に落としてしまったとき)
スローフォワード(ボールを前にパスしてしまったとき)
です。

それ以外でスクラムになるのは、モールやラックで密集戦になってボールが出ない場合などです。
ボールを持った選手が、敵に囲まれた状態になると密集戦になります。

モールもラックも組み合った状態なんですが、

その密集戦のうち、

  • プレーヤーがボールを手に持っているモール
  • ボールが地面にあるラックとなります。

要は、膠着状態になったときの仕切り直しなんですね。

スクラムの組み方

スクラムは8人で組みます。
FW(フォワード)のポジションの人が組みます。

構成は3つの列からなります。

1列目:1、2、3番の選手

2列目:4、5、6、7番の選手

3列目:8番の選手

ボールの所有権のある側の9番が、真ん中にボールを置きます。
そして、押し合っています。

ボールは8番の選手が取り出します。

スクラムは何してるのか

何してるか、よくわかりませんよね。
押し合って、力比べなのはわかります。

一言で言うなら、ボールを取り合ってます。

具体的にどうしてるかというと

8人ずつ組み合って、その真ん中にボールを入れます。
そして、押し合いながらボールを味方側(後方)に足で転がしているのです。

8人のうち、一番最後尾のところにボールがきたチームが攻撃権を得られます。

つまり、ぐいぐい押して前に出て、最後尾までボールを蹴り出した側のボールでゲームを再開できるというわけです。

このスクラムは、ちょくちょく反則が起こることもあり、どちらがどうなるかがわかんないところがあります。

それで、ゲームの流れとかがコロッと変わったりします。

テレビ放送の撮影技術は、すごく発展してるので一瞬の駆け引きとかも見れるはずです。

Sponsored Link

ラグビーでスクラムの掛け声や意味

ラグビーでスクラムを組んだときに、何か言っています。

審判が英語で何やら言ってるけど、よくわかりませんよね。

「クラウチ、バインド、セット」と言っています。

クラウチ

フロントロー(最前列)が身をかがめます。

バインド

フロップ(フロントローの両側の選手)が相手の選手のジャージを掴む。

セット

フロントロー同士が組み合います。

位置について~、用意~、イケーッ

簡単に言うと、こんな意味です。

まとめ

ラグビーのごく基本的なルールについてまとめました。
得点の入り方は、トライとキックの2つの方法があります。

得点は5点、3点、2点となっているので、大量の得点となることもあります。

スクラムの掛け声は、「クラウチ、バインド、セット」

ポジションのこととか、フィールドとか細かいルールがあるようです。
とりあえず、ボールより前に行くことはできないと覚えて観戦してみましょう。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする