サッカー観戦で雨の日に必要な持ち物は?準備すると便利なグッズも!

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

サッカー観戦で、チケットとったどーっ!とウキウキしてたら、
まさかの雨予報ってこと、あるあるですよね。
競技場って基本雨ざらしですから、めっちゃ大変そうです。
予報が雨じゃなくても、最近は予測不能のゲリラ豪雨とかもあります。
そこで、まず降らないだろうけど念の為に準備する編と、まず雨に違いないけどいっぱい降るかも編で雨対策を考えてみました。
ちゃんと準備してたら、雨もまた良き思い出になるかもよ?

Sponsored Link

雨対策で大丈夫だと思うけど念の為に編

まず大丈夫だと思うけど、でも、どうだろうな…
というときってありますよね。

そんなときには、「使わず持ってきて損した!」と思わない、軽い準備をして出かけましょう。

雨対策で最低準備したいもの

  • ビニール袋
  • 100均のレインコートやポンチョ
  • 輪ゴム

ビニール袋

なにはともあれ、必要なのがビニール袋です。

  • お家にいつもあって、わざわざ買わなくても良い
  • コンパクトにたためるから、バックにも入れやすくて邪魔になりにくい。
  • 頭が出る穴を空けると、即席ポンチョになる

お手軽なのに、とっても便利なのが45リットルビニール袋です。

すっぽりと荷物を入れられて便利だし、腰巻きのようにグルっと巻きつけると雨だけでなく保温にもなりますね。

濡れたものを持ち帰る時も必要です。

ビニールの厚さですが、ある程度厚みがある方が使いやすいと思います。
厚みのごく薄いゴミ袋は、弱いだけじゃなくて音がシャカシャカうるさいこともあります。

サワサワいう音って結構、気になります。

そして、小さめのビニール袋も準備してください。

  • 10リットルサイズ
  • 15リットルサイズ

スーパーやコンビニのレジ袋でもOKです。
ゴミを捨てたり、濡らしたくない小物を入れたり、おやつを入れたりします。

なにかと便利です。

100均のレインコートやポンチョ

買いやすいのがいいですよね。

やっぱ、買っとこうかと思える。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shin_yuki_hmさん(@shin_yuki_hm)がシェアした投稿

いろいろ調べてみると、

  • 「100均で充分だった。助かった!」
  • 「秒速で破れて、使いもんにならん!」
  • 「笑えるぐらい、すぐに滲みてきた!」

いろんな意見が出てました。
サッカー観戦なら、歩き回ることもないので少々弱くても大丈夫かなぁとは思います。

見た目はアレなんですが、機能的には厚みのある45リットルゴミ袋の方が優秀かもですね。

でも、100均レインコートやポンチョは使い捨てできるところがいいのです。

濡れたレインコートをたたんで持って帰るって、嫌ですよね。
かさ張るし、たぶん、二度目は使う気にならないだろうし。

輪ゴム

できれば、少し太めのタイプの輪ゴムが良いです。

何に使うのかというと、ビニール袋を腰巻き代わりに使いたい時、輪ゴムで留めるのです。
ビニールの端っこ同士を結ぶだけでは、すぐに緩んでしまうんです。

ビニールを結ぶと、結び目は意外と大きい。
締め直しすると、くちゃくちゃになって破れやすい。

そこで、輪ゴムを使うとしっかり止まって何度も直さなくても大丈夫なんです。

レインコートで袖口が絞ってないタイプの時、雨が入ってきます。
袖口に輪ゴムをしておくと、簡単で中が濡れにくくなります。

輪ゴムは防水のために、巻きつけたビニールをしっかり止めたい時にも使える。

残ったおやつの口を縛るとか、いろいろです。

輪ゴム1本、軽いものなのでおすすめです。

雨対策でしっかり備えたい編

次は、きっと降るしっかり降る前提での雨の準備編です。

「雨対策で大丈夫だと思うけど念の為編」と合わせて、用意します。
しっかり雨が降ると予想できるときは、やっぱりそれなりの準備が必要ですよね。

雨にしっかり備えたい時の準備

  • レインスーツ
  • ポンチョ
  • 足元カバー
  • 帽子(キャップ)
  • タオル
  • 雑巾
  • 着替え
  • 防水スマホケース

レインスーツ

100均のレインコートもありますが、そこはやっぱりお値段です。
ツイートにもありましたが、継ぎ目がすぐに破れることもあるようです。

今後も、サッカー観戦をする人や、野外フェス、アウトドアの好きな人はこの際ちゃんとした雨具を持っていたほうがいいかも。

しっかり対策には、アウトドアブランドのレインスーツがやっぱりよさそう。
デザインもおしゃれなのがあります。

雨でなくても、冬は防寒着として着れますよ。
敵チームのカラーは決して選ばないように。

登山用のものは、ファスナーや手首からも雨が滲みないようにしてあり、さっすが安心です。
もしも山で雨に濡れたりしたら、それこそ命取りになるので徹底して防水を考えてあります。

お値段はするのですが、ゴアテックスのものがやっぱりいいみたいです。

槍ヶ岳に登った人が、嵐のような3時間でも全く濡れなかったと言ってました。
そうじゃなく、ちょいとお安いものだった人は、パンツの中までビチャンコだったそうな。

高級品は雨は決して入ってこないけど、着ていて蒸れないんですよね。
ちゃんと熱気が適度に逃げるように計算されてて、ずっと着てても不快感ありません。

くるくるっとしてポーチに入れると、コンパクトになります。
ポーチは付属でついてることも多いです。

あんまり高くなくて、機能的にはしっかりしたものが良い人はワークマンのレインスーツを探して見るのも手ですよ。

ワークマンの公式サイト

仕事用っぽくないものも、たくさんあります。

ワークマンは、人気商品はすぐにサイズがなくなって、欠品が続くことも多いみたいです。
ちょこちょこのぞくようにして、お安く良いものを見つけてください。

ポンチョ

雨が降り出して、すぐに着られて便利なのはポンチョです。
頭からかぶって、簡単ですよね。

たたむとコンパクトになるところもいい。

これ、ドットで下の色が程よく透けていいかも?

注意したいところは、ちゃんとした素材かどうかですね。
通販だと、材質がわかりにくいので、口コミとかをしっかりチェックしましょう。

生地のアップ画像や、重さもしっかり調べましょう。

できれば、応援しているチームの公式ポンチョが良いですが、少々お高いようです。
でも、何度も応援に行くファンなら、手に入れるべきですね。

それと、ポンチョのデメリットは、風があると濡れること、足元が濡れやすいことがあります。

「しっかり雨対策してます」っぽくないのが魅力ですが、雨の日は気温も低くなりがちです。
小降りでも、30分、1時間と経つうちに身体が冷えてしまうので気をつけたいところ。

小降りですまないようなら、上下に分かれているレインスーツじゃないと役に立たないかもしれませんね。

次に紹介する、足元カバーも検討してみてください。

Sponsored Link
 

足元カバー

雨が降って最も嫌なのは、足元が濡れることじゃないですか?
夏でサンダル履きなら、帰るまでに乾くから気になりませんが、それ以外だと気持ち悪いよね。

ほとんど帰宅して、靴下脱ぐまでずっと気持ち悪さが続く。
濡れたままで歩くと靴を傷めることにもなります。

なので、かさ張るものでもなく、使い捨てできる足元カバーはおすすめです。

歩き回ることはないので、簡易的なもので大丈夫だと思いますよ。

帽子(キャップ)

フード付きのレインスーツや、ポンチョを着用したときに便利なのがキャップです。

帽子なしだと、顔を左右に動かすとフードにあたって視界が悪いし、面倒くさい。

少しでもひさしがあるって、大事なことなんだと思います。

タオル

当然、濡れますからね。
要ります。

タオルは、最初から濡らさないように使います。
まずはたたんで、ビニール袋に入れて座布団代わりに使います。

ビニールは2重にして浸水防止します。

タオルは、吸水速乾のものがおすすめです。

よく水分を吸ってくれて、厚みが薄いからかさばりにくいし、乾くのも早いです。

雑巾(捨ててもいいタオル)

雨が降ると、スタジアムのシートはびちゃびちゃになります。
荷物を置くにも、拭かない置きにくいもの。

このとき、身体を拭くタオルを使って汚してしまうのは嫌ですよね。
なので、家にある捨てても惜しくない雑巾かタオルを持っていきましょう。

雨じゃないときも、シートは野外で汚れているものなので、あるといいです。

着替え

季節にもよりますし、どのくらい濡れるかによりますね。

トップスと靴下はあったほうがいいと思います。

上から下まで着替えるって、荷物が大変です。
小降りのうちから、できるだけ濡れないようにするべきです。

シミとかの心配がなければ、あらかじめ防水スプレーを吹き付けとくのもアリです。

防水スマホケース

水に落としても大丈夫というから、めっちゃ安心ですよね。

ケースに入れたまま、スマホを操作できるからすごく便利です。
ビニールに入れてると、上手く操作ができません。

スタジアムでは、基本的に傘をさしてはいけません。

危ないし、後ろの人が見えなくなってしまいますので。

スタジアムに入るまでの移動中に、傘が必要になることもあります。
やはり、折りたたみの傘が良いです。

まとめ

サッカー観戦で雨の日に必要になる持ち物を紹介しました。
必須となるのが、大きなビニール袋とタオルですね。

100均のポンチョやレインコートを準備する人も多いようです。

いろいろと備えると、どうしても荷物が増えてしまいますね。
カバンを雨でも大丈夫なものにすると、簡単かも。

ワークマン、探してみましょう。

それと、雨とは関係ないけど、ミニハサミは便利だと思うのです。
お弁当についてる醤油とか、切れにくいことってない?

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする