西郷どん第33話あらすじ・ネタバレと感想|糸とお龍の誓い

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

2018年1月からスタートした、大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・ネタバレの記事です。

今回は、「難儀な男に惚れた」お龍さんと、糸さんの胸中の場面です。

夫に妾がいることに感づいてしまう満寿さんも演技も気になります。|

Sponsored Link

西郷どん第32話までのあらすじ・ネタバレ

吉之助と一蔵は幕府に対抗するには、長州と手を結ぶしかないと考えます。

龍馬に取引の仲介をしてほしいと頼みに行きました。

長州の条件に当初は難色をしめした薩摩藩でしたが、吉之助に従うことに。

桂と吉之助は固い握手を交わして、薩長同盟は結ばれることになりました。

西郷どん第33話のあらすじ・ネタバレ

龍馬とお龍

薩長同盟が結ばれたわずか二日後、事件がおきます。

龍馬を捕まえるため奉行所の捕り方が夜襲をかけてきたのです。

手に深い傷を負った龍馬は、夫婦ともども薩摩藩邸にかくまわれることになりました。

お龍役の水川あさみさん

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

水川あさみさん(@mizukawa_asami)がシェアした投稿

龍馬から片時も離れようとしないお龍

薩摩に戻ることになった吉之助に、龍馬夫婦もついていくことになりました。

西郷家でひたすら夫の帰りを待っている糸。

今度こそは二人でゆっくりできると期待していましたが、やっと帰ってきた夫は客を連れていてがっかりします。

糸は、お龍と龍馬の話を聞き、満寿

「そばにいて夫を助けられる人が羨ましい」

とこぼすのでした。

京の一蔵

そのころ、京に残っていた一蔵は大坂城へ呼び出されていました。

幕府が長州再征伐のため、諸藩に出兵を命じたのでした。

一蔵は、きっぱりこれを拒否しました。

慶喜は激怒しますが、今は余裕がありません。

将軍家茂が突然の病で倒れていることを厳重に隠していたのです。

「長州は絶対に征伐する。そのあとは、薩摩だ」

ほどなく幕府軍は長州への攻撃を開始しました。

西洋の最新武器で必死の訓練をした長州ですが、吉之助は気がきではありません。

吉之助の胸中を察した龍馬は、下関の様子を見てくると申し出てくれました。

翌朝、龍馬はお龍を置いてこっそり家を出ていくのでした。

薩摩藩の久光

わずか3,500の長州勢に、幕府側は総勢10万の兵でした。

しかし、幕府軍は苦戦していました。

久光は上機嫌で薩摩にやって来たパークスを迎えるのでした。

ところが、接待の宴を盛大に行っているにもかかわらず、パークスは激怒するのでした。

なぜ、機嫌を損ねてしまったのか?

吉之助は、パークスの軍艦に通訳の藩士だけを連れて乗り込みました。

将軍と帝という君主が二人いる国にパークスは混乱していました。

いったい誰と真の友好を結べばいいのかわからなかったのです。

岩倉具視役の鶴瓶と糸役の黒木華さん

家で待つ糸

その夜、家に帰った吉之助に、糸は愛加那のことを聞いてみました。

正直に話す吉之助に、糸も嫉妬していたと打ち明けるのでした。

一生惚れ通す覚悟を糸はお龍と共に誓ったと言います。

再び京へ上ることになった吉之助に嬉しいことがありました。

糸が子を授かったのです。

糸はおなかに手を当て、晴れやかに旅立っていく吉之助を笑顔で見送りました。

Sponsored Link

西郷どん第33話の感想

龍馬とお龍のいちゃつきが楽しみです。

龍馬を追い続け、とにかく側にいようとするお龍さん、

家で夫の帰りを祈りながら待つ糸さん。

不器用で真面目だと思っていた夫に、妾がいることを知った満寿さん。

妻もいろいろです。

糸さんはお腹に子供を宿します。

子供が出来て、ホッとした気持ちもあるでしょう。

前の結婚では、子供ができなかったそうなのでかなり嬉しかったと思います。

子供が出来たら、夫からの愛情も続くような、確かなものになったような気がします。

前の妻の愛加那への考え方も、変わったかもしれませんよね。

子供が出来なかったら、いつまでも愛加那を超えられない…みたいな女の感情もあるのでは?

一蔵に妾がいることを察した満寿は、今後どうするのでしょう?

知っていて知らないふりをして通すか、知っていますよと一蔵に気づかせるのかどちらなのか楽しみです。

まとめ

龍馬夫婦は吉之助について薩摩に入りました。

薩摩藩は、幕府が長州に目を向けている間に、イギリスを味方につけて力をつけようと考えました。

吉之助は、パークスの信用を勝ち取ることができました。

妻の糸は子供を授かりました。

西郷どんのあらすじ・ネタバレ33話でした。

次回も楽しみ!

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする