西郷どん第26話のあらすじ・ネタバレと感想|おゆう・ふき・糸との再会

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

2018年1月からスタートした、大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・ネタバレの記事です。

吉之助は4年半もの島暮らしを終えて、帰ってきました。

激動の時代に、世の中から取り残された吉之助。

帰ってきて早速働きます。

Sponsored Link

西郷どん第25話までのあらすじ・ネタバレ

吉之助は沖永良部島で、島の子どもたちに学問を教え親しまれます。

薩摩では生麦事件をきっかけに、薩英戦争がありました。

1864年、吉之助はついに赦免されます。

大島で、愛加那との最後の別れをして薩摩に戻りました。

西郷どん第26話のあらすじ・ネタバレ

西郷は京へ

吉之助は、先の大島も加えると約4年半もの島ぐらしを終えて、薩摩に戻りました。

藩主・茂久に謁見すると、すぐに京へ行くように命じられるのでした。

吉之助が島にいる間に、世の中の状況も変わっていました。

大山たちは、「帰還祝い」と酒を抱えてやってきました。

久光の側近中の側近だった中山らが免職されたこと。

8月18日の政変」以来、長州は薩摩を憎んでいること。

新八役の堀井新太さんは、右から2番目↓

吉之助新八を連れて、京へと向かいました。

二人が甲突川にさしかかったとき、小走りに渡ってくるおなごとすれ違います。

「糸どん!」

「吉之助さぁ!」

糸は振り返って、吉之助の背中をじっと見送りました。

吉之助を待っていた一蔵

京に到着した吉之助と新八は、一蔵に会うために繁の家に足を運びました。

そこで見た一蔵は、宴会で芸を披露しているのでした。

客が帰ると、ぐったりとして具合が悪そうです。

「‥情けなか姿を見られてしもた」

そこへ薬湯を運んできた芸妓は、おゆうでした。

一蔵とおゆうの間に、親密そうな空気が‥?

一蔵が苦渋の表情で語り始めました。

朝廷と幕府、そして雄藩が力を合わせた政

斉彬以来の念願がかなうことになったのだが、久光と慶喜はことごとく対立して一向に話し合いにならない。

薩摩は芋とののしられたうえ、幕府とは対立しています。

「長州からは薩賊といいふらされて、

このままでは日本のなかで孤立してしまう」

吉之助を京に呼んだのは、吉之助でないとこの事態を変えることはできないとの思いでした。

一橋慶喜の心

吉之助のいる鍵屋にふきが訪ねてきました。

ふきは、慶喜に見受けされて側女(そばめ)になったのでした。

慶喜がすぐに会いたいと伝えに来たのです。

人払いした座敷で、二人きりになる吉之助と慶喜

「今こそ、皆が手を取り合うときです。

そう号令をかけられるのは、一橋慶喜様しかいません!」

慶喜は吉之助に根負けして、久光に会うことを了承するのでした。

しかし久光は、これを退けて一蔵を連れて薩摩へ帰ってしまいました。

どれほど激高するかと思っていると、慶喜は意外にも怒りませんでした。

Sponsored Link

西郷どん第26話の感想

吉之助が島での刑を受けている間、一蔵は幼なじみらにも理解されずに孤立奮闘していました。

一蔵の粘り強さ、ぶれない友を思う気持ちは見ていてなんか安心感があります。

「水戸黄門」で、必ず悪者はこらしめられるお決まりの安心感みたいな(笑)

吉之助との絶対的な信頼関係を心地よく感じます。

友情は堅いもののようですが、おゆうとの関係はどうなっているのでしょう?

以前は、一蔵のカタブツなところに、おゆうがムッとしている場面がありましたね。

吉之助の弟の信吾が、おゆうを気に入っていました。

モテモテおゆうさん。

おゆうは、芸妓ですから商売上手で男の扱いに手慣れています。

一蔵とおゆうの関係を、吉之助がどのように指摘するのか楽しみです。

プロの女性だから、よかですかね。

まとめ

吉之助は島から戻ると、すぐに一蔵に会いに京に向かいました。

久光と慶喜は折り合わず、一向に話し合いは進まなかったのです。

一蔵は薩摩の危機を感じ、吉之助に打開を頼みます。

西郷どんのあらすじ・ネタバレ26話でした。

次回も楽しみ!

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする