西城秀樹が心筋梗塞で嫁や子供は?病気はいつからで原因や最後の出演は?

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

西城秀樹さんの訃報がありました。

平成生まれの人は、彼のヤングマンを聞く機会は少なかったと思います。

しかし、昭和の人にとっては彼は絶対的なスターでした。

63歳という若すぎる訃報にショックです。

Sponsored Link

西城秀樹の訃報!心筋梗塞で63歳

西城秀樹さん(本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分に、急性心不全のため横浜市内の病院でお亡くなりになりました。

63歳でした。

西城秀樹さんは、「絶唱型」という情熱あふれる歌い方で多くのヒット曲があります。

特にヒットしたのは「傷だらけのローラ」「ヤングマン」でした。

「ヤングマン」は当時だれもが口ずさんで、両手で「YMCA」をやったものです。

元気あふれるパフォーマンスは健康そのものです。

「若さ・元気」が西城秀樹さんのイメージでした。

そんな西城秀樹さんが、63歳という年齢で亡くなるなんて、あまりにも早すぎます。

「ヒデキ、感激!」というカレーのCMでも、キャッチコピーが大人気となりました。

バーモントカレーが大好きになった人も多いハズ。

当時、彼はまさにスターで知らない人はいませんでした。

西城秀樹の病気はいつからで原因は

西城秀樹さんは、1955年4月13日生まれ

2003年の48歳のときに、脳梗塞を発症しました。

その後、2011年56歳のときに、脳梗塞が再発して右半身麻痺の後遺症が残っていました。

40代で脳梗塞になったことに、驚きの声が上がっていました。

テレビの番組でも、たびたび芸能人運動会で活躍されていまし、運動神経がいいっていう印象しかありませんでしたから。

若くして、脳梗塞になった原因は、若いときからの不摂生ではないかと言われています。

売れっ子でもあった西城秀樹さんは、不規則な生活を続けていたそうです。

食べるものもかなり偏食があったそうで、かなり無茶苦茶な生活だったとか…

しかし、最初の病気を経験してからは、かなり生活習慣を見直して健康に気をつけていたそうです。

気をつけていても再発し、今回は心筋梗塞になってしまいました。

体質だったのでしょうか…

若い時の不摂生は、取り戻せないものなのでしょうか…

Sponsored Link

西城秀樹の嫁や子供

西城秀樹さんは、2001年6月に結婚しています。

46歳のときです。

奥様は19歳年下の、槇原美希さんで大阪出身の一般女性のでした。

出典:芸能人の嫁特集

綺麗な方ですね。

年の差婚として話題になりましたが、画像を見てもそんな違和感がありませんよね。

3人の子供さんがいます。

2002年、2003年、2004年と年子です。

出典:mikarin

2001年に結婚し

2002年、子供が生まれ、

2003年、西城秀樹さんが脳梗塞、2人目の子供が生まれ、

2004年、3人目の子供が生まれ

ですから、奥様は相当に大変だったでしょうね。

西城秀樹の最後の出演

西城秀樹さんは、病気で後遺症が残っていましたが、生涯歌手にこだわっていました。

諦めずに懸命なリハビリで、驚異の回復を見せていただけに残念ですね。

今回4月25日に入院され、そのまま帰らぬ人となってしまいました。

調べてみると、2018年2月にインタビューに答えている西城秀樹さんを見つけました。

西城秀樹さんの2018年の様子

健康について語っておられます。

3人の子どもたちのことが、気がかりだったに違いありません。

ご冥福をお祈りします。

まとめ

西城秀樹さんが、心筋梗塞でお亡くなりになりました。

40代で最初の脳梗塞を患い、2度めの脳梗塞では右半身麻痺の後遺症が残っていました。

若いうちに病気になったのは、生活習慣に無頓着だったせいではと言われています。

西城秀樹さんは広島市の出身。

ご実家はパチンコ屋さんと言われています。

中学の時には、そのルックスも有名で、当時は相当なやんちゃで名を馳せていました。

やんちゃしか入れないと言われていた当時有名な私立高校にも、断られたとして語り継がれています。

そんな個性の強かった方だから、トップ歌手になったんでしょうね。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする