ヒヤシンスの球根の水栽培の時期と育て方!1月、2月からは失敗する?

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

お部屋にヒヤシンスを飾りませんか?

小学校で体験した人も多いですが、水栽培なら土を使わないのでお手軽です。

しかし、ヒヤシンスの性質を知らないと失敗することも多いのです。

栽培をスタートする時期も1月、2月だと上手くいかないことがあります。

ヒヤシンスの球根の水栽培での育て方や、注意することをまとめました。

毎日成長していく様子は見ていて楽しく、花が咲くととってもいい香りで癒やされます。

Sponsored Link

ヒヤシンスの球根の水栽培を始める時期と種類

ヒヤシンスの水栽培とは、土に植えることなく、ガラスコップなどで水だけで栽培して花を咲かすことです。

ヒヤシンスの球根の水栽培の開始時期

ヒヤシンスの球根の水栽培を始める時期は、寒くなってからになります。

具体的にいうと11月から12月頃です。

10月頃になると、ホームセンターなどで秋植え球根のコーナーが出来ます。

チューリップやクロッカスと共に、ヒヤシンスの球根も並んでいますよ。

球根と容器がセットになった商品もいろいろとあります。

 

こんなプレゼントなら、花が咲くまで楽しんでもらえるので喜ばれそうですね。

水栽培に適したヒヤシンスの種類

ヒヤシンスはブルーやピンク以外にも、赤や黒といった花色があります。

出典:upload

バイカラーや八重咲きもありますし、真っ白というのも清々しくていいかも。

また、ヒヤシンスには、ダッチ系とローマン系の品種があり、性質が違います。

水栽培に適しているのは、ダッチ系のヒヤシンスです。

■ダッチ系

1本の茎にたくさんの花が付いてボリュームがあり豪華なタイプです。

球根は自然に分球しにくく増えにくいので、切込みを入れて増やします。

■ローマン系

一本の茎に付く花の数は少ないけれど、香りが強く、ひとつの球根から数本の花茎がでます。

球根は自然分球しやすくよく増えます。

両方を水栽培して、比べて楽しむのもいいかもしれませんね。

水栽培ではガラスコップなどで育てるので、複数の茎が出るとバランスが悪くなりがちです。

それを見越しての水栽培の容器選びが必要ですね。

ヒヤシンスの球根の選び方

良い球根は、傷がなく、ずっしりとしたものです。

カビがないか、傷んだところがないかをチェックしましょう。

皮が少々むけていても、根の出る部分と芽が出る部分がきれいなら大丈夫です。

ヒヤシンスは芽を出すのが一番難しいので、ほんの少し芽が出ているものを選ぶといいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スパイス 球根用 バルブベース ショート KEGY4060(容器のみ)
価格:1080円(税込、送料別) (2018/5/2時点)

 

ヒヤシンスの球根の水栽培を1月2月から始める時の注意

ヒヤシンスを栽培するのには、性質を知っておきましょう。

まず、ヒヤシンスは冬の寒さを体験しないと花がつきません

これは、春咲の球根の多くがそうなのですが、冬の経験がないと暖かくなっても花目がつかないのです。

ヒヤシンスに冬の疑似体験させる方法は、冷蔵庫に入れることです。

ヒヤシンスの球根の水栽培で冷蔵庫に入れる方法の詳細はこちら

水温が10度以下のところで、一定期間あたらないと、せっかく芽が出てきても咲かずに葉っぱだけになります。

そして、芽が出てからは日当たりの良いところで育てます。

日陰では花は咲きません。

ヒヤシンスの球根は。暗いところで水に浸けておくと、だいたい2週間ぐらいで根っこが出てきます。

2ヶ月ほどは花が咲くまでに生育期間が必要です。

すると、1月、2月から水栽培を始めるますと、2ヶ月の生育期間までに暖かくなりすぎる可能性が出てきます。

3月になると暖かい日が増えてきます。

寒いのは霜が当たっても大丈夫ですが、暖かさに弱い性質で適温は20度ぐらいまで。

陽があたり、かつ、低温のところがいいわけです。

室内の窓際は、昼間は温度が高くなりやすいので要注意です。

ヒヤシンスの水栽培では、いかに涼しい場所に置くかが大切になります。

暖か過ぎると、茎が伸びずに縮こまったままで咲いたり、あっという間に枯れてしまったり、腐ってしまうこともあります。

ですから、2月では出来ないことはないですが、管理が難しくなりますね。

Sponsored Link

ヒヤシンスの球根の水栽培で根が出てからの育て方

ヒヤシンスの育て方や、ポイントを見ていきましょう。

1.根がでるまで球根は涼しくて暗い場所に置いておきます。

暗くて涼しい場所に、球根のお尻の部分が水に浸かるように置いておきます。

置き場所は洗面台の下や、玄関などの涼しい場所で箱を被せるなど。

暗くできれば、外でもいいです。

すると、2週間ぐらいで根っこが出てきます。

2.根がしっかり伸びてきたら、明るいところに出します。

この程度まで伸びていたら明るいところに出して大丈夫です。

根が伸びてくるにつれて徐々に水を減らしていきます。

これは、根も呼吸しているので、水位を下げてやるのです。

明るいところに置いても、しっかり寒さを経験させて、花をつける準備をさせることが必要です。

最初からずっと暖房の効いた室内では、寒さ体験が不十分になります。

屋外に置いて寒さに当てるのがいいのですが、忘れて水が枯れないように(^o^)

■水換え

水は一週間に1回は取り替えます。

水換えの仕方は、根を傷めないようにします。

球根を少し浮かせてポットを傾けて、水を半分程度捨て、新しい水を足すと良いです。

3.日当たりの良い場所で管理する。

日光は必要ですが、温度が上がりすぎないところで栽培します。

室内は暖房と日差しで温度が高すぎることがあるので、置き場所に注意が必要です。

水は3日もしたら無くなってしまうほどよく吸い上げます。

干上がらないように気をつけます。

4.開花したら、枯れたものから摘み取ります。

開花し終わった花をそのままにしておくと、種をつけるために体力を消耗します。

最後まで咲かなかったり、花が終わってしまいますので終わった花は指で摘み取ります

花を長く楽しむには、涼しい場所に置くこと。

玄関は涼しく、香りも楽しめておすすめです。

5.咲き終わっても2番花がでる。

1つの茎の花が全て終わったら、元のところから切り取ります。

葉はそのままにして、しばらくすると2本めの花茎が出てくることが多いです。

まとめ

ヒヤシンスの球根の水栽培の開始は11月から12月が適期です。

ヒヤシンスは一定の寒さの体験が必要で、不十分ですと花が付きません。

栽培のポイントは暑さに弱いことで、1月2月から始めると暖かくなるために難しくなります。

ヒヤシンスって、なんとも清潔感のある花だと思いませんか?

香りも、甘くなくてすっきりした印象です。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする