淀川花火大会2018の有料席のおすすめの場所!チケット予約方法や口コミも

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

なにわの真夏の風物詩として恒例になっている「なにわ淀川花火大会」。

スタートしたのは平成元年で、今年は30回の記念大会となります。

例年より規模が大きくなるかもしれませんね。

「水中花火」も「キャラクター花火」も、「大玉100連発スターマイン」も見どころ。

有料席の購入方法や、どの場所が見えやすいのかをまとめました。

Sponsored Link

淀川花火大会2018の開催日程や時間と場所

今年で30回目になる花火大会ですが、以前は「平成淀川花火大会」という名称でした。

今年度より、「なにわ淀川花火大会」が正式名称に改められました。

淀川花火大会の日程と時間

なにわ淀川花火大会の日程

開催日:2018年8月4日(土)

時間:19:40~20:40

打上数:約2万発(非公開)

会場:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷

淀川花火大会へのアクセス

打ち上げ場所の地図

大阪府大阪市淀川区新北野 淀川河川敷

十三会場側への最寄り駅

JR東海道本線 塚本駅 から徒歩15分

阪急神戸線 十三駅 から徒歩15分

梅田会場側への最寄り駅

阪急線 梅田駅 から徒歩25分

JR大阪駅 梅田駅 から徒歩25分

地下鉄 梅田駅 から徒歩25分

淀川花火大会2018の有料席のチケット予約方法

淀川花火大会では、淀川を挟んで2つの会場があります。

  • 梅田会場
  • 十三会場

会場はいくつかのエリアに分かれています。

協賛観覧席の会場図(2017年のものです)

出典:yodohanabi

会場は、梅田会場と十三会場がありますが、十三会場の方がたくさん座席があります。

有料観覧席(チケット)の販売開始日と入手方法

■2018年の有料観覧席の販売開始

2018年6月1日

有料観覧席の購入方法

インターネットからの購入となります。

ローソンチケットなにわ淀川花火大会

チケットぴあなにわ淀川花火大会

イープラスなにわ淀川花火大会

セブンチケットなにわ淀川花火大会

チケ探なにわ淀川花火大会

JTB特別観覧席淀川花火大会

有料観覧席の種類

納涼船以外は、エリア内が自由席となります。

ですから、エリア内でも良い場所は早いもの勝ちになります。

 十三会場

■エキサイティングシート

弁当・茶・テーブル・パイプ椅子が準備されます。

団体予約の席以外では、最も間近で観覧できる席です。

川に向かって左側が打ち上げの中央に近くなります。

 《前売》大人9,000円・子供5,000円

 《当日》なし

■アリーナシート

弁当・茶・テーブル・パイプ椅子が準備されます。

エキサイティングシートの後ろ側になります。

こちらも、川に向かって左側が打ち上げの中央に近くなります。

 《前売》大人7,000円・子供4,000円

 《当日》大人8,000円・子供5000円

■ 堤防パノラマスタンド

クッションシートが渡され、持参のシートの使用は不可です。

緩やかな傾斜の芝生になっています。

中央階段からレフトスタンド、ライトスタンドに分けられます。

さらに、スタンドは3ブロックに分けられています。

チケット料金はパノラマスタンドは全て同じですから、見やすい席から完売していきます。

 《前売》大人3,500円・子供2,000円

 《当日》なし

■夏ぴあシート

パイプ椅子の完全指定席

《前売》5,000円・4,500円

《当日》なし

■イープラスシート

パイプ椅子の指定席と、クッションシートの自由席があります。

《前売》5,000円パイプ椅子・3,000円クッションシート

《当日》なし

  梅田会場

■梅田会場

パイプ椅子で自由席になっています。

 《前売》大人4,500円・子供2,500円

 《当日》大人5,000円・子供3,000円

■ダイナミックシート

クッションシートの自由席です。

 《前売り》大人2,500円・子供1,500円

 《当日》大人3,000円・子供2,000円

■セブンイレブンシート

パイプ椅子で、指定席になります。

 《前売り》5,000円

 《当日》なし

  納涼船

弁当・茶・テーブル・パイプ椅子で、全席指定席になっています。

納涼船は固定されていて、動きません。

 《前売》大人18,000円・子供10,000円

 《当日》なし

Sponsored Link

淀川花火大会2018の有料席のおすすめの場所や口コミ

チケットを購入する指定の場所ですが、会場の案内図と口コミでおすすめの場所を調べてみました。

会場図を見ると、パノラマスタンドでは

レフトスタンド1→2→3

の順でよさそうです。

ライトスタンドも1→2→3の順でよさそうですね。

口コミを調べてみました。

パノラマシートのレフト3から撮影した動画をあげてくださっている方がいました。

レフト3からでも、全体がよく見えますね。

横から見ている感じがありません。

花火からも充分近そうです。

毎年有料席から観てます。今年はセブンイレブンシートから(5000円)。うーん左横から観る感じでした。去年の梅田会場は右横。やっぱ真正面間近で観るのがいいですね。ラストのスターマインはいつも鳥肌もんです。

出典:sp.jorudan

ついたてが邪魔って、行った人でないとわかりませんよね。

古い情報ですが、参考までに紹介します。

近すぎると、フェンスで遮られてしまうんですね。

いろいろと、皆さんの口コミを見ていてわかったことは、前の席(エキサイティングシート・アリーナシート)は、より中央からの席でないと横から見る感じになるようです。

少し下がって、パノラマスタンドですと端であっても全体が見えます。

音楽も充分に聞こえていますので、無理にエキサイティングシートでなくても充分に楽しめるようです。

まとめ

淀川花火大会2018の有料席は、ネットでの販売になります。

有料席の場所は、指定席とエリア内の自由席があります。

17時会場が開くので、その前に行ってより良い席を確保して下さい。

パノラマスタンドでは、少し下がって見るので全体が見えやすくて、レフト3からでも横から見ている感じがしないです。

口コミでは、観るなら有料席の購入をすすめるものが多数ありました。

花火を見に行くのに、服装で迷っていませんか?

こちらも参考にしてください。

花火大会や夏祭りデートで浴衣以外の服装は?私服の女子のコーデ画像5選

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする