隅田川花火大会2018の日程と時間!打ち上げ場所と会場の地図と最寄り駅

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

隅田川花火大会は最も有名な花火大会で、大変な混雑もしますよね。

花火は美しさもさることながら、迫力ある音がとても良いものです。

音の迫力を一番堪能できる場所は、なんと言っても打ち上げ場所ソバですよね。

今年はできるだけ、近くに行って、怖いぐらいの花火を楽しんではいかが?

花火の打ち上げ場所や最寄り駅についてまとめています。

Sponsored Link

隅田川花火大会2018の日程や時間

隅田川花火大会は、例年7月の最終土曜日に開催されています。

2つの会場を合わせて、約20,000発の花火が上がります。

打ち上げの時間は、第一会場と第二会場では、開始時間が違ってきます。

隅田川花火大会2018

日程:2018年7月28日(土)

第一会場:19時5分~20時30分
第二会場:19時20分頃~20時30分

■雨天の場合の開催

荒天等のため実施できない場合は、翌29(日)に順延します。

両日とも実施できない場合は中止となります。

発表は隅田川花火大会の公式サイトより出されます。

■花火大会の実施の可否決定時間

実施されるのか判断が難しい時→当日の午前10時

荒天などの場合→当日の午前8時

とはいえ、過去に大雨もありましたが実施されていました。

2017年の隅田川花火大会は大雨でも途中中止になりませんでした。

停電も起きていて、大変な状況だったみたいです。

隅田川花火大会2018の打ち上げ場所や地図

隅田川花火大会は会場が2つあり、打ち上げ場所も2箇所あります。

■隅田川花火大会2つの会場

  • 第一会場:桜橋下流~言問橋上流
  • 第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

第1会場では花火コンクール玉200発も上げられ、様々な芸術作品が堪能できる。

第2会場は創作花火やスターマインなどが見どころとなります。

スターマインとは?

「速射連発花火」のこと。

いくつもの花火を組み合わせて短時間に数十〜百発の大量の玉を連続的に打ち上げる花火。

どちらの会場に行くか悩むところですが、打ち上げの数では第二会場が多いです。

■花火の打ち上げ数

  • 第一会場:約9,650発
  • 第二会場:約10,350発

■隅田川花火大会の打ち上げ場所の地図

Sponsored Link

隅田川花火大会の最寄り駅と第一会場と第二会場の違い

隅田川花火大会のそれぞれの会場の最寄り駅と、会場の違いをみてみました。

第一会場(桜橋下流~言問橋上流)の最寄り駅と周辺

■第一会場の最寄り駅

押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅

打ち上げ場所に近いのは、東京スカイツリー駅です。

■第一会場の周辺

隅田公園リバーサイドパークの野球公園が、絶景スポットになります。

第一会場周辺の方が、建物が少なく花火が綺麗に見えやすいポイントは多いです。

こちらの会場の方が、メイン会場になります。

混雑は相当なものです。

屋台がたくさん出てにぎわいます。

そうだ!スカイツリーから花火を觀たら絶対きれい…と思ったあなた(^o^)

スカイツリーから花火を観るチケットは、結構な倍率の抽選です。

隅田川花火大会をスカイツリーから観るチケットの予約や抽選倍率

でも、一度は見てみたいものですね。

第二会場(駒形橋下流~厩橋上流)の最寄り駅と周辺

■第二会場への最寄り駅

浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅

打ち上げ場所には蔵前駅が一番近いです。

■第二会場の周辺

18時頃から周辺の道路が交通規制によって、歩行者天国になります。

第一会場よりも混雑の程度は、空いているようです。

建物で花火が綺麗に見えないところが多いです。

場所取りは難しいようです。

屋台は少ないですが、周辺にコンビニが多い

まとめ

隅田川花火大会は、7月28日(土)に開催されます。

2つの会場で打ち上げがありますが、開始時間は違います。

第一会場の最寄り駅は、押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅です。

第二会場の最寄り駅は、浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅です。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする