天神祭2018大阪の奉納花火の日程と時間!打ち上げ場所や最寄り駅の混雑 

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

日本三大祭りとして知られる大阪府大阪市の天神祭。

大阪三大祭(住吉大社の住吉祭、生國魂神社の生玉夏祭)でもあり、これぞ祭り!の力強い風景を楽しめますよ。

夏の暑さのピークのときのお祭りで、天神祭の花火を見ると夏が後半に入ったなと感じます。

花火の打ち上げ場所周辺の情報や、最寄り駅の混雑状況を調べてみました。

Sponsored Link

天神祭2018大阪の奉納花火の日程と時間

天満宮(天神社)は菅原道真を祀っている神社で、日本全国にあります。

その数はファミマの数と同じぐらいあるんですよ。

大阪天神祭が行われるのは、大阪府大阪市にある大阪天満宮です。

大阪の人は普通「天神さん」「天満さん」と言っています。

天神祭2018の奉納花火

日程7月25日(水)

時間19:30~20:50

大阪天神祭じたいは、6月下旬から7月25日までの1ヶ月の間続きます。

その中でも、最後の二日間が一般的に天神祭と言われています。

7月24日の宵宮では、早朝4:00の初太鼓を合図に神事が行われます。

25日の花火は、道真公の御神霊に見ていただくための奉納花火です。

天神祭の奉納花火の打ち上げ場所

天神祭の奉納花火の打ち上げ玉数は、約5,000玉です。

19:30から21:00まで、ほとんど切れ目なく打ち上げられます。

打ち上げ場所は、桜ノ宮公園会場と川崎公園(造幣局横)会場の2地点です

大川の東岸エリアにあるのが桜ノ宮公園会場

大川の西岸エリアにあるのが川崎公園会場

花火の打ち上げ場所

川崎公園・桜之宮公園

天神祭の花火のオープニングは、天神さんにちなんで梅鉢の形に開く紅梅というオリジナル花火が打ち上げられます。

他にも、ここでしか見れない文字の仕掛けなどのユニークな花火も披露されますよ。

文字仕掛け花火は、川崎公園(造幣局側)になります。

クライマックスの連打はすごい迫力ですよ。

大川を行き来する100隻の船の灯りが美しいです。

水面に映る花火が幻想的な風景です。

Sponsored Link

天神祭の最寄り駅の混雑 

花火をみる位置が大川の東側エリアなのか、西側エリアなのかによって、最寄り駅が違います。

天神祭は約130万人の人出となり、JR桜ノ宮駅は、最も近いので激混みを覚悟で(^o^)

源八橋や桜宮橋など大川に架かる橋は18時より、交通規制がかかります。

2018年も同様に交通規制があるでしょうから、注意しましょう。

交通規制の詳細

最寄り駅は15分から30分程度歩くつもりなら、いくつかの駅があります。

ただし、通常なら10分程度でも花火の時間帯は倍以上かかることもあります。

大川の東側エリア(桜ノ宮公園側)

桜宮公園中央広場周辺は、多くの屋台が出てにぎわいます。

特に、桜宮橋より北側は打上げ場所に近いので花火の迫力を最高に楽しめる人気のスポットです。

早い時間帯(16時頃〜)から場所取りが始まりますので、良い場所を確保するためには、かなり早めに行ってください。

最寄り駅

■JR桜ノ宮駅

桜の宮公園や源八橋の最寄駅です。

花火の打上げ場所から近く、屋台もたくさん出るので最も利用する人が多く、終日混雑となります。

18時ごろからは、駅の西口は大混雑で警備員が誘導するほどになります。

人の流れのまま、移動することになります。

遠回りになるけれど、比較的広い東口へ行くほうがスムーズです。

駅から花火の打ち上げ場所近くまで、通常なら徒歩10分ですが、混み合う時間はもっとかかります。

■京阪/地下鉄 天満橋駅

京都方面や中之島方面からのアクセスなら天満橋が便利です。

駅構内が広いので、桜ノ宮ほどの混雑ではありません。

船渡御の観覧席に最も近い駅です。

■JR大阪城北詰駅

大川のすぐ東に位置しています。

神戸、宝塚方面からのアクセスに便利です。

比較的空いています。

特に帰りは、歩けるならば空いているのでいいです。

大川の西エリア(川崎公園側)

仕掛け花火が見えにくいのと、見える場所が限られています。

東岸エリア(桜ノ宮公園付近)と比べると、混雑は少なめです。

OAPタワー周辺は、打ち上げ場所のほぼ正面に位置するので早くから場所取りが必要です。

源八橋の西側公園には、屋台もたくさん並び花火も鑑賞できるスポットです。

最寄り駅

■地下鉄 天神橋筋六丁目駅

花火打ち上げの時間帯は非常に混雑します。

■JR天満駅
東に徒歩で移動する。

■地下鉄 南森町駅
東に徒歩で移動する。

■JR大阪天満宮駅
大阪天満宮から最も近い駅。
東に徒歩で移動する。

まとめ

大阪天神祭の奉納花火は7月25日、19:30~20:50に開催されます。

打上数は約5,000発で、天神祭独自の花火やユニークな文字花火が人気です。

打ち上げ場所は2箇所あり、最も近い駅はJR桜ノ宮駅です。

かなりの人出なので駅も大混雑で、特に花火が終わった後は駅に向かうのもかなりの時間がかかります。

夏の夜ですから、花火の後はぶらぶら歩くのも良い気がします。

30分歩くなら、京橋や梅田ぐらいまで行けますよ。

彼氏とデートなら、やはり浴衣がいいかも。

浴衣デートにおすすめの髪型

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする