バーベキュー食材の野菜の切り方や下ごしらえ方法!玉ねぎやとうもろこしも!

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

スムーズにおいしいバーベキューのためには、やっぱり下準備が大切です。

野菜も洗って、切って持って行きます。

バーベキュー用の定番の野菜の切り方をまとめていますので、参考にしてください。

先に加熱しておくべき野菜もあります。

Sponsored Link

バーベキュー食材の定番野菜と気をつけること

バーベキュー野菜だからといって、難しいことは何もなし!

食べやすい大きさに切るのみです。

お肉の下ごしらえの方法はこちらをご覧ください。

スペアリブの下ごしらえ

バーベキューの定番野菜リスト

バーベキューでほしい定番の野菜、リストをあげました。

バーベキュー野菜リスト

玉ねぎ・とうもろこし・キャベツ・しいたけ・さつまいも・かぼちゃ・ピーマン・ししとう・さといも・にんじん・じゃがいも

バーベキュー野菜で気をつけること

野菜の切り方は、適当でも大丈夫。

バーベキューだから、気に留めておきたいことだけ知っておけばいいですね。

✿バーベキューでの調理

  • 火力が強い
  • 火力の調節がすぐにできない
  • 網をつかって焼く
  • トングを使う

適当に切っても大丈夫ですし、何でもありですが、バーベキューでは家庭のコンロと違って火力をすぐに調節ができませんよね。

薄くしすぎると、すぐに焦げてカラッカラになってしまいます。

炭火は、かなり火力が強いのです。

バーベキューでは網を使うことが多いですが、小さいと食材が網から落下してしまうことも考えます。

ある程度焼けて縮んでも、落下しない大きさにしないと燃やすことになってしまう。

またバーベキューではトングを使いますが、薄いものは網にくっついたりするとつかみにくいのです。

ある程度つかみやすい厚みや大きさがよいです。

火が通りにくい野菜

バーベキューで火が通りにくい野菜があります。

薄めに切ったり、レンジで加熱、茹でるなどしておく野菜リストです。

火が通りにくい野菜リスト

にんじん かぼちゃ じゃがいも さつまいも なす とうもろこし さといも

バーベキュー食材野菜の切り方・玉ねぎやとうもろこし

バーベキュー定番野菜の切り方を紹介します。

火の通りにくいものは、先にレンジ加熱しておくのがベストです。

エリンギ・しいたけ

エリンギは長いものは半分に切って、7ミリ厚さ程度にスライスするだけ。

または、縦を半分にきって、真上から見て「十の字」に切るのもおすすめ。

三角柱になって、トングでもつかみやすいよ。

出典:dt125kazuo

エリンギは、パリパリとした歯ごたえがおいしいので、厚みがあるのがいいのです。

でっかくてもすぐに焼けます!

しいたけは、石づきの硬そうな部分を切り落とします。

そして縦に半分、またはもう半分。

エリンギと同じ切り方で大丈夫ですが、焼くとかなりちっちゃくなります。

玉ねぎ

玉ねぎは火は通りやすいです。

繊維をたち切る輪切りがいいです。

バラバラになってしまうと扱いにくいので、爪楊枝や串を刺すと見た目もgood!

出典:cookpad

バーベキュー玉ねぎの切り方

玉ねぎを切ってから爪楊枝を突き刺すのは、バラバラになりやすいです。

意外と堅いですし、先に刺してから切るといいですよね。

キャベツ

1枚ずづ適当な大きさに切るのもOKですが、芯を付けたまま切るクシ型切りがおすすめ。

出典:kikkoman

バラバラに散らばって、カラカラになりません。

トングでもひっくり返しやすい。

どのカットも芯があるように切ってくださいね。

キャベツは束で焼くと甘みが出ておいしい!

特に春キャベツは良いですよねぇ、すぐ焼けて柔らかい。

焼けた頃、とろけるチーズをのっけて食べるのがおすすめです。

とうもろこし

とうもろこしは、1本を4~5つに輪切りにするのが定番でしょうか。

もっと食べやすくするなら、縦にも切るといいですよ。

出典:cookpad

この切り方だと、食べやすいのですがコロコロ回転させては焼けません。

先に、茹でるかレンジで火を通しておきます。

当日は、少し炙るだけで食べられます。

Sponsored Link

バーベキュー食材野菜の下ごしらえ 

バーベキュー食材の野菜で火が通りにくいものは、先に加熱です。

その後は、適当な厚みに切ればいいですね。

レンジ加熱しておく野菜リスト

にんじん・じゃがいも・さつまいも・里芋・とうもろこし

じゃがいも

洗って皮をむき、1cm程度の厚みで切ります。

薄いと割れてぐちゃぐちゃになります。

中ぐらいの大きさなら、「十の字」に切るクシ型もいいです。

その場合は、皮は付いていても大丈夫です。

または、1個まるごとをじゃがバターにするのもいい。

じゃがバターの作り方

にんじん

半分に切り、7ミリ程度の厚さに薄切りする。

45度ぐらいの角度をつけて、斜め薄切りにする。

さつまいも

じゃがいもと同様にまるごとをホイルに包んで焼く

または、中くらいの大きさなら、斜めの角度をつけて半分に切る

サトイモ

皮のままキレイに洗って、砂を落としておきます。

切らずに、まるごとホイルで包み焼きが焦がさないで簡単です。

そのまま焼く場合も、皮つきヒゲ付きでまるごとです。

なす

なすは油がたっぷりでないと、焼けにくいしおいしくないですよね。

しかも焼けたらクタクタになる。

アクが強いので、切った後少し水に浸けておきます

中位の大きさなら、切らずにまるごと焼き茄子にするとおいしいです。

なすのまるごと焼きの作り方

かぼちゃ

硬いので先にレンジで加熱してから切ります。

加熱しすぎは崩れてしまうので、かなり控えめにします。

かぼちゃは、ほっくりしたところがおいしい。

なので、ある程度の厚みをもって切ります。

まとめ

バーベキュー食材の、野菜の下ごしらえについて紹介しました。

特に決まりがあるわけでないので、何でもありですよね。

レンジ加熱しておけば、怖いものなしです。

ただし、かなりレンジ加熱は控えめで半煮え状態がいいです。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする