バーベキュー子連れの食材で子供が喜ぶオススメ定番!おやつや変わり種は?

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

外で過ごすのが気持ちよくなってきました。

お天気がいいと、バーベキューをしたくなりますよね。

外で食べると、なんでこんなにおいしいんでしょう!

バーベキューで準備したい定番食材や、子供が喜ぶ食材やおやつなどをまとめました。

参考にしてくださいね。

Sponsored Link

バーベキューの定番食材リスト

まずは、バーベキューには当然でしょっ!をみていきます。

買い忘れがないように。

食材リスト

(牛肉、スペアリブ、豚肉、鶏肉、ラム肉、ソーセージ)

野菜(たまねぎ、ピーマン、とうもろこし、キャベツ、きのこ、かぼちゃ、)

魚介類(ホタテ、エビ、イカ、干物)

麺類やご飯(焼きそばやおにぎり)

調味料(塩コショウ、焼肉のタレ、ポン酢、バター、しょうゆ、マヨネーズ、油)

肉類

お肉は厚みが大切で、薄切り肉は向きません。

焼肉用か、サーロインステーキとして販売されている厚みを選びましょう。

スペアリブはバーベキューらしいし、焼きやすいしおいしい。

トントロなど、脂の多い食材は焼いてる途中に適度に脂が落ちて、食べやすくなります。

フォークで穴を開けたり、切込みを入れて下味をつけておくといいですね。

野菜類

ある程度大きめにカットしないと、すぐに焦げてしまいます。

トングで掴むのが難しくない大きさにしましょう。

イモ類などの火の通りにくいものは、電子レンジであらかじめ加熱しておくといいです。

野菜類は数種類ほしいですよね。

サラダも喜ばれます。

魚介類

ハマグリ、ホタテ、エビ、イカなどが人気です。

イカの一夜干しや、ホッケやあじの干物もおいしい。

サーモンなど、魚の切り身もホイルに包んで焼けますよ。

バーベキューの食材でで子供が喜ぶ食材

バーベキューは子供が喜びますよね。

火をおこすところが最も楽しそうで、順調に焼けてくる頃に飽きてしまったりしませんか?

すぐに食べれるものも準備するといいですよ。

とうもろこし

とうもろこしは家でごく短時間、茹でておきます。

当日は炙るぐらいでもOKにしておけば、簡単です。

しょうゆをかけてもいいし、バター、醤油バターもいけます。

適当な大きさに切っておきましょう。

焼きおにぎり

出典:matome

おにぎりを作って持っていき、焼きおにぎりにします。

しょうゆを塗って香ばしく焼きます。

ガーリックトースト

出典:cookpad

フランスパンを適当な厚さに切って、にんにくバターを塗ってホイルに包んで焼きます。

チーズを乗せたり、ハムなどを挟んでもいいです。

ウインナー・フランクフルト

網にはくっつかないし、食べやすい。

皮がパリッとなって、普段フライパンで焼くより断然おいしいです。

ケチャップか粒マスタードで。

焼き鳥

市販の串に挿してあるものでも、自宅で準備してもいいです。

子供にも食べやすいから好評です。

じゃがバター

1.じゃがいもの小か中ぐらいの大きさのものを準備します。

2.きれいに洗って、皮つきのまま芽の部分はえぐっておきます。

3.まるごとだと時間がかかります。レンジ加熱で控えめに火を通しておきます。

4.水で濡らした新聞紙で包みます

5.更に、ホイルで包みます。

新聞紙を濡らした状態で包むと…新聞紙がすぐに破けます。

包んでから水にくぐらせば簡単です。

蒸し焼きにしたいので、ホイルはしっかり閉じてくださいね。

6.ホイルに包んだ状態まで準備できたら、後は焼くだけ、10分~15分焼けば大丈夫です。

7.ホイルを開いて、じゃがいもを2つに割り、じゃがいもに、たっぷりバターをのせていただきます。

バターに塩分がありますが、ハーブソルト(クレイジーソルト等)があるともっといい。

じゃがいもの美味しさを再認識しますよ。

焼き芋

じゃがバターと同じく、濡れた新聞紙でくるんで、さらにアルミホイルで包んで焼きます。

チーズフォンデュ

市販のチーズフォンデュを使うと簡単。

ホイルの上でカマンベールチーズを溶かしてもいい。

Sponsored Link

バーベキューの食材でおやつや変わり種

マシュマロ

マシュマロは串に挿して炙ると、とろ~んとなっておいしいのです。

すごく甘くていい香りです。

とろーりさせたマシュマロを、クラッカーではさむとおいしいですよ。

焼きリンゴ

出典:出典:matome

リンゴの芯をくり抜いて、バター・砂糖・シナモンパウダーを詰めてホイルで包んで焼きます。

焼きバナナ

皮付きのまま黒くなるまで焼きます。

皮をむくと中はトロットロになってておいしい。

山崎のうすかわパンシリーズ

あんやクリーム以外にも、季節によっていろんな種類が出ています。

少し焼くだけで、クリームもとろ~んとなっておいしい。

お餅

ご飯やおにぎりを準備できなかったとき、スーパーで買ってきたままで焼くだけです。

海苔を巻いて食べてもいい。

まるごとナス焼き

1.ナスはヘタのひらひらを手でむしるか、ヘタのぐるりに包丁を入れてむしります。

ヘタは切り落とさないで、付けておきます。

皮はむきません。切り込みも入れません。

2.ナスをホイルでぴったりと包みます。

3.焼きます。

シューシュー湯気が出てくると、そろそろ焼けてきました。

外からさわって(箸などで挟んでみて)くたっとなってれば焼けてます。

しょうゆかポン酢、おろししょうががあると最高です。

まるごと玉ねぎ・まるごとトマト

新たまねぎをホイルに包んで焼くだけ。

トマトをホイルに包んで焼くだけ。

素材の甘みがとってもおいしい。

塩コショウかハーブソフトを振りかければ、ご馳走です。

さんまの塩焼き

火の通りも早いのがうれしい。

炭で焼くと断然おいしくなります。

サンマに薄く油を塗っておくと、くっつきにくく綺麗な焼き色が付きます。

身が割れないように、裏返して焼いてください。

マグロやブリのカマ

豪快に焼くのがいいですね。

塩だけで、じゅうぶん美味しいです。

こんなのがあると盛り上がりそう!

冷凍食品のグラタン・ラザニア

ホイルのカップの中に入っているから、そのまま焼くだけです。

いなり寿司

スーパーで売っている普通のいなり寿司を焼くだけです。

アゲが香ばしくなって、別物になりますよ。

たまご

殻のままの生たまごを網の上で焼くだけです。

ゆで卵より、黄身がホクホクになっておいしいのです。

焼き時間は15分ぐらいです。

まとめ

子供連れでのバーベキューの食材について紹介しました。

子供にも食べやすい大きさや持ちやすさにしてあげましょう。

野菜や魚介類も、ホイルに包めば何でも焼けますよね。

「どうなるかよくわからない」ものも、試しに焼いてみるのも楽しい。

かりんとうとか、クッキー、おかきもアリの気がします。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする