三室戸寺2018蓮園の花の見頃や時間は?蓮酒の味や飲み方やご利益

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

三室戸寺は花の寺として、四季を通じて何かしらの花が咲いています。

紫陽花が有名ですが、蓮も綺麗ですよ。

三室戸寺には、めずらしい品種の蓮があるそうです。

ハス酒を楽しむ会では、健康のご利益があるというハス酒をいただくことができます。

三室戸寺の蓮の花の見頃や時間、蓮酒をいただける日を紹介します。

Sponsored Link

三室戸寺2018の蓮園の見頃の時期と場所や時間

三室戸寺の蓮は、紫陽花が終わる頃に咲きます。

三室戸寺の蓮の見頃の時期

三室戸寺の蓮の開花状況2018

6月下旬ごろから、ポツポツ咲き始めます。

6月20頃から咲く年、1週間程度遅れて6月28日頃から咲き始める年もあります。

2018年も例年通りとすると、このころに咲き始めとなります。

そして、7月10日ぐらいから、次々に開花して見頃を迎えます。

8月中旬までは花が見れます。

三室戸寺の蓮園の開園

期間:平成30年6月下旬~8月上旬頃

時間:8時30分~16時30分

6月下旬ごろから咲き始めますが、特にたくさん咲くのは7月中旬からです。

三室戸寺の蓮の見頃

7月中旬~8月上旬

追記です。3月27日

今年はさくらの開花も早かったので、1週間程度早く咲き始める可能性が出てきました。

まだ、開花までに時間があるので様子を追っていきます。

蓮の花の寿命と花が美しい時間

蓮の花は寿命が短く、4日間です。

しかも、咲き始めの初日はつぼみが膨らんで、花は開かずにしぼみます。

2~3日めは早朝から開きはじめ、昼頃からつぼみに戻ります。

4日目では、早朝に開き始めた花が7:00に完全に開花し、8:00頃からハラハラ散り始めます。昼には全ての花びらが散ってしまうのです。

ということは、綺麗に花が開いているのを見れるのは2日間だけです。

2日目の早朝5:00頃から開花して、7:00~9:00が最も美しく咲きます。

昼頃になると、つぼみに戻ります。

ですから、綺麗に開いている蓮の花を見たいなら、午前中の早い時間に行きましょう。

朝露が付いている時間に見れると、より綺麗ですよね。

三室戸寺の蓮園の場所

三室戸寺で蓮が咲くのは、本堂の前の蓮園です。

大輪の花が綺麗です。

まるで、極楽浄土のように見える風景が素晴らしいのです。

三室戸寺では、200鉢の蓮の鉢植えが並べられます。

品種は100種あるそうです。

三室戸寺2018の蓮酒の味や飲み方

蓮の葉は大きな円形で、撥水性があって水玉ができます。(ロータス効果)

蓮酒を楽しむ会

蓮の葉は水をはじき、葉の中央から茎がストロー状に空洞になっています。

蓮の葉にお酒を注いでもらい、茎から酒を吸い上げるというものです。

蓮酒のお味

蓮のミネラルやカルシウムが酒に溶けて、ほろ苦く清涼感のあるお味です。

無病息災のご利益があると言われています。

体験してみたいですよね。

ハス酒を楽しむ会

平成30年7月13日(金) 午前9時~正午まで

先着300名 有料500円

蓮の茎は、地方によると砂糖漬けにしたり、炒め物、漬物などにして食べられています。

地下茎はレンコンとして一般的ですが、葉や種子、花もお茶として利用されています。

Sponsored Link

三室戸寺のアクセスや拝観料

三室戸寺の基本情報

住所:宇治市菟道滋賀谷21

電話:0774-21-2067

拝観料:8:30~16:00(11~3月は15:30)

拝観料:500円

アクセス:京阪宇治線「三室戸駅」下車徒歩約15分

三室戸寺の駐車場などの情報はこちらをどうぞ

まとめ

三室戸寺のハスの花の見頃の時期は、7月中旬~8月上旬です。

ハス酒を楽しむ会は、7月13日です。

蓮の花は早朝から開花して、昼頃より閉じてしまうので午前中に訪れるのがよいです。

ハスの泥水の中から咲く、美しい花です。

種は土の中では、長持ちして2,000年前の種からでも発芽するそうです。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする