三室戸寺の御朱印の場所や種類や時間は?浮舟の石碑や源氏物語の内容

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

京都府宇治市にある、花の寺として有名な三室戸寺。

ハート型あじさいで人気ですよね。

御朱印もいただいたら、ご利益がありそうな…気がします。

三室戸寺は源氏物語の古跡もあります。

三室戸寺の御朱印についての情報をまとめました。

Sponsored Link

三室戸寺の御朱印の種類

四季を通じて、美しい花が咲く大庭園のある三室戸寺。

御朱印の種類も、数種あるようです。

三室戸寺の御朱印の種類

  • 西国三十三所観音霊場10番札所の御朱印「大悲殿」
  • 西国三十三所観音霊場10番札所の御詠歌
  • 神仏霊場会第124番(京都44番)札所の御朱印「大悲殿」
  • 御朱印「浮舟」
  • 松尾芭蕉の句

「大悲殿」は観音菩薩を祀る仏堂を意味します。

「浮舟」は源氏物語に登場する、愛に苦しむ女性の名前です。

出典:jisyameguri

三室戸寺の御朱印の場所や時間

三室戸寺の御朱印を預ける場所は、納経所(本堂の左側)です。

三室戸寺境内案内図

立派な本堂ですね。

三室戸寺の拝観時間内に御朱印を預けて書いていただきます。

拝観時間

8時30分~16時30分(4月1日~10月31日)

8時30分~16時00分(11月1日~3月31日)

 ※拝観・納経最終受付は閉門30分前

 ※12月29・30・31日は休み

Sponsored Link

浮舟の石碑や源氏物語の内容

「源氏物語」は1,000年前の恋愛小説。

三室戸寺のある宇治が舞台となった「浮舟」という女性の物語があります。

作者の紫式部はたびたび三室戸寺を訪れて、物語の展開を考えたのでは?

紫式部が「源氏物語」の全部を書いたわけではないという説もありますが、1,000年前にこの宇治の地が舞台となったのは事実。

三室戸寺には、浮舟の石碑があります。

出典:mimurotoji

■源氏物語宇治十帖「浮舟」

浮舟は源氏物語に登場する人物です。
光源氏の異母弟八の宮の娘になります。
優柔不断な性格だった浮舟が、自分の意思を通すようになります。

浮舟は20才になったころ、縁談があったが破談となってしまう。
見の置き所のなくなった浮舟は、匂宮の妻となった異母姉の中の君に預けられます。
姉の勧めで薫の愛人となり、薫に宇治に囲われることになりました。

浮舟に心を奪われた匂宮は、居場所を突き止めます。
暗闇に忍びこんで、浮舟を騙して関係を持ってしまいます。
浮舟は情熱的な匂宮に惹かれていきます。
薫と匂宮の二人に愛される板ばさみに苦しみます。

やがて事が薫に露見し、追い詰められた浮舟は入水します。
しかし、横川の僧都に救われ、のちに出家を果たしました。
消息を知った薫が自らの元に戻るよう勧めても、拒み続けるのでした。

まとめ

三室戸寺の御朱印について調べてみました。

御朱印の種類が5種類あり、源氏物語ゆかりの「浮舟」の御朱印があります。

三室戸寺は、四季おりおりの花が美しいお寺ですから、何度も訪れたいですね。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする