西郷どん第11話のあらすじネタバレと感想|篤姫の役目と斉彬の焦り

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

2018年1月からスタートした、大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・ネタバレの記事です。

薩摩の言葉は、よくわからないときもありますが、なんかあったかい言葉ですよね。

できるだけわかりやすいように、まとめました。

前回までのあらすじ・ネタバレも短縮して紹介しています。

新たに登場してくる人物には、画像で紹介もしています。

Sponsored Link

西郷どん第10話までのあらすじ・ネタバレ

10話までのあらすじ

吉之助斉彬の密命を受けて動き、篤姫の信頼も得るようになります。

斉彬は篤姫を徳川家定公に輿入れさせるために、御台所教育を進めさせます。

斉彬から、幸せな輿入れではないと聞いた吉之助は混乱するばかりでした。

西郷どん第11話のあらすじ・ネタバレ

吉之助の役割

吉之助が「御庭方」と、「篤姫様付用人」を命じられてから、3ヶ月が経ちました。

吉之助と斉彬の5男の虎寿丸が土俵で見合っています。

「西郷!手を抜くことは許さぬぞ!」

楽しげな篤姫の声が響き渡ります。

しかし、吉之助は、斉彬のことばが蘇ってくるのです。

「於篤は不幸になる」

そんなはずはない、こんなに明るく生き生きとされている篤姫様が…

斉彬の予言が、頭から離れないのでした。

斉彬の計画

斉彬阿部とともに篤姫の輿入れの計画を進めていました。

一方、井伊直弼との対立は深まっていました。

「舅面をして公方様に近づく腹づもりであろう」

新たな幕政体制を作りたい斉彬と、ものまま徳川独裁を継続したい井伊直弼

また、斉彬が時期将軍に一橋慶喜を推しているのに対して、井伊直弼は紀州藩主の徳川慶福(よしとみ)を推そうとしていました。

まだ9つの慶福が将軍になれば、みずからがその後見として幕政を意のままにできるからです。

虎寿丸が亡くなる

ところが、斉彬に天は残酷な試練を与えます。

突然、虎寿丸が亡くなってしまったのです。

泣き崩れる篤姫たち、斉彬はもはや涙も出ませんでした。

やるべきことは山積みでした。

若君死去の報は薩摩にももたらされました。

「お由羅様はまだ諦めちょらんとでごわそか!」

いきまく吉二郎有馬正助はなだめるのでした。

正助の焦り

正助は焦燥感にさいなまれていました。

自分はずっと薩摩で埋もれてしまうのではないか…。

ある日、正助のいる記録所に久光がやってきました。

文政7年に起きた、宝島事件の記録を読みたいと言います。

「今後、異国との戦になるやもしれん。少しでも多く知識を蓄えておかにゃならん」

正助は初めて久光に畏敬の念を抱くのでした。

松平慶永と、徳川斉昭・慶喜親子

江戸の薩摩藩邸では、斉彬の招きで内々の会合が開かれていました。

客は越前福井藩主の松平慶永と、徳川斉昭・慶喜親子。

慶永の付き添いの家臣は、磯田屋で会った蘭方医の左内でした。

庭にいた吉之助も、慶喜に上がって酌をしろと命じられました。

本題はもちろん、次期将軍のことです。

篤姫の輿入れは、公方様との間に世継ぎをもうけ、いずれは薩摩が幕府を思いどうりにする…というもくろみではないのだな?」

「万に一つも公方様にお世継ぎができるはずはございませぬ」

「そ、そいはどげなこっでございもすか!」

吉之助は思わず立ち上がってしまいます。

跡継ぎは慶喜にと公方様に言うのが、篤姫の役目。

それ以上はないと聞き、吉之助は愕然とします。

慶喜は未だ将軍となるのに納得できていません。

斉彬が倒れる

その夜、斉彬は突然倒れ、3日後にようやく目を覚ましたのでした。

吉之助は密かに斉彬の膳を左内に調べてもらいます。

「おそらくヒ素が日々の食事に盛られていたのでしょう。幼子にはたとえわずかでも命取りになる」

「もう許せん!こげんなったら…」

吉之助は怒りに任せて、斉興由羅が隠居暮らしをしている高輪の屋敷に押しかけます。

吉之助の行動は、斉興にも斉彬にも筒抜けでした。

藩邸に戻るなり、激高した斉彬に平手で殴られてしまいます。

「命に代えてもやらねばならぬことがある。」

斉彬の覚悟に吉之助はむせび泣くのでした。

Sponsored Link

西郷どん第11話の感想

斉彬はまたもや子供を亡くしてしまいました。

江戸時代とはいえ、5人とも幼いうちに亡くしてしまうなんて

斉彬に世継ぎがいないとなると、弟の島津久光が島津藩を継ぐことになります。

だとしたら、やっぱりお由羅が疑われますよね。

篤姫の生き生きとした姿が、幸せではない輿入れをいっそう悲しくさせます。

ラストの斉彬の激高と、吉之助への語りが見ものです。

まとめ

西郷どんのあらすじ・ネタバレ11話でした。

篤姫の輿入れの秘密を知った吉之助は、いたたまれない気持ちになります。

斉彬は5男もなくし、自らも毒をもられて倒れてしまいます。

次回も楽しみ!

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする