西郷どん第7話あらすじとネタバレと感想|最初の妻は須賀で無愛想で顔にあばた?

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

西郷どん第7話あらすじとネタバレと感想についての記事です。

吉之助に早く嫁をもらってほしい吉兵衛と満佐です。

しかし、そんな時ではないと考えている吉之助です。

ついに吉之助は、嫁をもらうことになりましたが、嫁が癖のある人でした。

Sponsored Link

西郷どん第6話までのあらすじ

吉之助ジョン万次郎と出会い、打ち解けました。

吉之助の働きで、斉彬はアメリカの情報を万次郎から聞きとることができたのでした。

斉彬吉之助に、頼りにすることになるので待っているように言います。

幼なじみのの気持ちに気づかない吉之助は、告白されて驚くのでした。

は、別れを告げて嫁いでいきました。

西郷どん第7話あらすじとネタバレ

吉之助の縁談

嘉永5(1852)夏、長いこと※労咳(ろうがい)を患っていた龍右衛門が亡くなりました。

吉之助の嫁の顔を見れなかったのが心残りだったと、祖母のきみが言います。

吉兵衛は、はたと思い出します。

以前、上之園(うえのその)の伊集院家から、娘を嫁にと言われていました。

御前相撲で吉之助を気に入って、娘の須賀(すが)を嫁にどうかという話です。

吉兵衛は、駆け出していきあっという間に話をまとめてきたのでした。

そのころの薩摩

吉之助は「今は、嫁取りどころじゃなか。」と思っています。

斉彬について江戸に行きたいのです。

正助もまだ謹慎中の身だが、江戸に行きたいと思っていました。

藩主が斉彬になってから、百姓たちの顔が以前より明るくなってきていました。

斉彬は新田開発を奨励し、百姓たちへの補助も怠らなかったのです。

吉之助はみずから泥まみれになって、百姓たちを手伝いました。

そのころ、時代を揺るがす知らせが斉彬のもとに届けられました。

アメリカの軍艦が、日本に向かっているというのです。

斉彬は、次の江戸行きには見込みのある※二才(にせ)を連れて行くそうです。

その話は、またたく間に武家の若者たちに伝わり、吉之助たちも盛り上がりました。

西郷家では、満佐が寝込んでいました。

「どうやら、じいさまの死病をもろうたようじゃ」と吉兵衛が頭を垂れます。

嫁の須賀

こうして、吉之助と須賀との婚礼が行われました。

両者が顔を合わせるのは、今日が初めてです。

須賀は、ものも言わず、にこりともしない女でした。

ささやかな祝宴が行われました。

婚礼の夜、満佐は、須賀に「一刻もはよ、こん家のことを覚えてくいやんせ」と頼みます。

須賀は笑おうとしても笑えない性分なのだと言います。

吉之助はそんな須賀に優しく声をかけます。

翌日から、家事を須賀に仕込み始めました。

大家族の家事に、須賀はうんざりとした顔をしています。

そんな須賀吉兵衛は、自らの体験と満佐への気持ちを話すのでした。

しかし、翌朝、あっけなく吉兵衛は亡くなってしまいます。

龍右衛門の死からたった2ヶ月のことでした。

江戸詰め選ばれたのは、大山と俊斎でした。

なぜ、吉之助が選ばれなかったのか不思議がる二人。

吉之助は「お上の決めたことじゃ」と言います。

満佐の病

満佐の病状は次第に悪化していきます。

とうとう粥も受け付けなくなってしまいました。

吉之助満佐の望みをきいてやります。

吉之助満佐を背負い、桜島が眼前に見える浜に立ちました。

満佐の最後の願いは、ここに来ることでした。

満佐は吉之助に、「これからは、吉之助の好きなように生きやんせ」と言います。

満佐は母の身体を気遣って、吉之助が江戸行きを諦めたことを見抜いていました。

満佐は最愛の息子の背中で、静かに息を引き取るのでした。

労咳とは、結核(けっかく)の事で、咳と一緒に喀血するのは末期の症状です。

喀血すると、半年から1年ぐらいで亡くなると言われています。

死病と恐れられていました。

二才(にせ)とは、若い衆,若者のこと。

15歳前後から妻帯時までの男性を指す用語。

最初の妻は無口で無愛想で顔にあばた?

西郷隆盛は、3度の結婚をしています。

最初の妻は、26歳の時に結婚しています。

顔に痘痕があると言われていますが、画像を探したのですが見つかりません。

痘痕(とうこん)とは、天然痘にかかって治ったあと、顔の皮膚に残る小さなくぼみ。

じゃんこ。また、そのようなでこぼこ。

あばたのこと。くぼみ。

須賀に痘痕があったと言われていますが、ドラマでは須賀役に誰がなるのでしょうか?

顔にでっかいアザを付けて登場するかもしれません。

誰でしょうね?これも秘密なんです。

また、本当に無口で無愛想だったのかは、わかりません。

後から尾ひれがついて、悪く言われた可能性もあります。

貧乏で大所帯の西郷家で、夫は江戸勤めになったので実家に帰ったのは本当のようです。

昔の嫁は大変でしたからね。

追記します!

吉之助の嫁の須賀役が判明しました。

橋本愛さんでした^_^

 
Sponsored Link

西郷どん第7話の感想

じいさまの龍右衛門が亡くなって、たった2ヶ月でいきなり父を亡くした吉之助。

さらに、最愛の母まで亡くしてしまいます。

嫁取りをして、半年の間に祖父と両親を亡くすという悲しみが吉之助を襲います。

悪いことは続くものなんですね。

満佐が吉之助の背中で息を引き取るところは、涙、涙です。

「桜島が美しか…」

鹿児島の人にとっての「桜島」の存在の大きさを感じました。

百姓の娘ふきも、連れて行かれる時に言っていました。

「今日も美しかこと…」満佐の言葉と重なりました。

まとめ

西郷どん第7話あらすじとネタバレと感想でした。

吉之助の生涯でもっとも悲しい年となりました。

祖父と両親の死。

無愛想な須賀は、吉之助を支えてくれるのでしょうか?

西郷家の中が、ゴタゴタ始まるのか楽しみです。

これまでのあらすじはこちら

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする