門井慶喜「銀河鉄道の父」の内容とネタバレと感想!直木賞受賞・プロフィールも

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

第158回直木三十五賞(直木賞)が発表されました。

直木賞を受賞したのは、門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」です。

どのような内容の本なのでしょうか?

是非、読んでみたいですよね。

Sponsored Link

「銀河鉄道の父」のあらすじ・ネタバレ直木賞受賞作

宮沢賢治の一生を父親の目線で描いた物語です。

賢治は「こんな仕事は自分に向いてない」「デカい仕事で一山当ててやる」という、夢を見るような考え方をするタイプ。

一方で父の政次郎は実業家として成功しており、堅実に考える人物。

逃げてばかりの賢治の将来を心底案じるが、つい金をかしてやったりして甘やかしてしまう。

賢治は病弱であることや、父親への劣等感を抱えています。

だから反抗し、必要以上に自分の意を通そうとします。

自分の望みとは違う人生を歩もうとする息子賢治を、父として葛藤を繰り返しながら見守っていきます。

互いに気遣いながらも、素直に表現できず、受け取れずギクシャクしている父と子。

賢治が作家として成功するまでの、父としての葛藤を抱えながらも暖かく見守る姿を描いています。

抱えながら最後まで見守る政次郎。

二人の間に流れる、嫌い合ってはないのにどこかぎこちない空気感がしっかりと伝わってくる。

「銀河鉄道の父」の感想や口コミ

「銀河鉄道の父」を読んだ人の感想をみてみました。

この父親であったからこそ童話作家として名を残すまでになれたのだろうとの門井さんの解釈は大変共感できるものだった。

作品が生まれた背景に触れて彼の作品を読みたくなった。

賢治の妹トシへの思いは 兄妹以上のものがあったのか。そして、愛情深く育てた子供ふたりを看取ることになってしまった場面が印象的だった。良書だと思います。

仲の良かった妹のトシと賢治の2人が共に、若くして亡くなってしまうのは親にとってつらいことで会ったろうと思いつつ、父なりに賢治の残した作品を評価するラストの場面は良かった。

愛する息子と娘を病で失いそうなとき、あえて憎まれ役を引き受ける姿。厳しさと過保護の間で揺れ動きながらも、家長として、父として、家族を守り続けた素晴らしいお父さま。

出典:読書メーター

Sponsored Link

門井慶喜のプロフィール【直木賞受賞】

門井 慶喜(かどい よしのぶ)

生年月日:1971年11月2日

出身地:群馬県生まれ

高校:栃木県立宇都宮東高等学校

大学:同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業

受賞歴:2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞

門井 慶喜の作品は多数で、賞の候補作品も多数!

  • 2000年 – 「天才たちの値段」で第39回オール讀物推理小説新人賞候補。
  • 2001年 – 「女子校時代ライブラリー」で第40回オール讀物推理小説新人賞候補。
  • 2001年 – 「いちばん嫌いな親友」で第41回オール讀物推理小説新人賞候補。
  • 2003年 – 「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞[2]
  • 2008年 – 『人形の部屋』で第61回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)候補。
  • 2009年 – 「パラドックス実践」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。
  • 2015年 – 『東京帝大叡古教授』で第153回直木賞候補[7]
  • 2016年 – 『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』で第69回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)受賞[2]
  • 2016年 – 『家康、江戸を建てる』で第155回直木賞候補。
  • 2016年 – 咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。

出典:wiki

まとめ

門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」が直木賞を受賞しました。

門井さんの執筆作は多数あり、過去に直木賞候補になった作品もある実力者です。

歴史小説やミステリィー、エッセイも発表されています。

もう一度、宮沢賢治の作品を読んでみたくなりました。

きっと、感想が変わってくると思います。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする