欅坂46平手友梨奈の怪我はなぜ?右上腕三頭筋損傷とはどこ?動画あり

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

欅坂46の平手友梨奈さんが、怪我をしてしまったそうです。

ニュースによれば、右上腕二頭筋損傷で全治1ヶ月!

かなりひどいのでしょうか?

怪我はいつ、なぜ起こったのでしょう

Sponsored Link

欅坂46平手友梨奈の怪我の動画

ニュースによれば、欅坂46の平手友梨奈さんの怪我はグループのホームページで公表されました。

怪我をした瞬間は、紅白の出場時ではないかと言われています。

「 不協和音」の難易度の高い、ダンスパフォーマンスの最中でした。

その瞬間の動画はこちら

動画を見てみると、右肩からもろに倒れています

倒れた瞬間、衝撃で跳ね返っていますね。

かなり、激しく肩に力がかかったように見えます。

そして、「不協和音」が終わると倒れるメンバーもいて話題になりました。

平手友梨奈さんは、パフォーマンスが終わった後、意識がもうろうとしていたそうです。

出典:daily

激しいダンスと、感情移入のせいでフラフラになってしまった…と思われていたのですが、この時は相当な痛みだったのかも?

手が震えて、立っているのも辛そうな様子でした。

ステージから楽屋に入る際は、両肩をメンバーに支えられてやっと歩いているようでした。

意識がもうろうとするぐらい、激しい痛みだったのかもしれません。

平手友梨奈の怪我・右上腕三頭筋損傷

平手友梨奈さんの怪我は、右上腕二頭筋損傷です。

上腕二頭筋の場所

上腕二頭筋(じょうわんにとうきん、biceps brachii )の場所は肘から肩にかけての筋肉です。

腕を曲げた時に浮き出る筋肉、力こぶの筋肉のことです。

ボディビルダーが見せる、あのポーズで盛り上がる部分です。

出典:bodybuilde

何も制限なく、肩から腕に体重がどんっとかかってしまったのですね。

ステージは当然、堅いですから衝撃は大きかったのでしょう。

上腕二頭筋損傷の状態

公式発表によれば、全治1ヶ月とのこと。

1ヶ月もかかるとなると、打ち身ではなくて筋を傷めたということでしょう。

詳しい発表がありませんが、上腕三頭筋が相当ダメージを受けてしまったのです。

上腕三頭筋損傷といえば、断裂している状態のことをいうので

もしかしたら、平手さんは断裂しかけているぐらいのダメージかも?

相当痛いでしょうね。

全身全霊のダンスを見せてくれましたが、かわいそうですね。

Sponsored Link

欅坂46平手友梨奈の怪我の回復

公式発表では全治1ヶ月と発表されています。

しかし、これは痛みが引いてきて、動かしてもいい状態になるということかもしれません。

肩を傷めた場合、ひどい痛みがマシになるのは2週間、3週間かかることも多いです。

痛いので、動かさないようにしますが、すると今度は肩の動きが悪くなります

肩の可動域が小さくなってしまうので、痛みがあっても少しずつ動かさないといけません。

自然に痛みがなくなるのを待っていると、腕があがらなくなってしまう可能性も出てきます。

そうすると、ダンスどころが日常生活でも支障が出てしまいます。

肘を伸ばして、真っ直ぐにバンザイができるようになるには、

当分リハビリが必要になるかも?

少しでも痛みがあったら、欅坂46のパフォーマンスは難しそうですから…

ダンスを思いっきりできるようになるのは、時間がかかるかもしれませんね。

ストレッチはとても痛いので、少しずつしかできません。

まとめ

欅坂46平手友梨奈の怪我は、紅白でのパフォーマンスの時に起きた可能性が大きいです。

上腕三頭筋損傷とは、力こぶの筋肉の損傷です。

おそらく、肩が痛くて腕が上がりにくい状態になっているのだと思います。

全力でのパフォーマンスは素晴らしいけれど、「不協和音」の振り付けは問題がありそうです。

順調に回復されるといいですね。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする