西郷どん第3話あらすじとネタバレ・感想!斉興の怒りとお由羅騒動

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

西郷どん第3話あらすじとネタバレを紹介しています。

斉興は斉彬を西洋かぶれと決めつけて、久光に藩主名代を任じてしまいました。

由羅の思うままです!

由羅にしてみれば、なんとか自分の子供に藩主を継がせたい一心ですが。

そのころ、斉彬のお子が次々に亡くなってしまいます。

由羅が呪いをかけているせいなのでしょうか?

Sponsored Link

西郷どん第2話までのあらすじ

元服して、小吉は吉之助と名を改めて、農政の役目に就いています。

西郷家は新たに子供が生まれて10人の大家族となり、生活はますます苦しくなっていました。

斉彬の言葉に、生きる希望を持った吉之助は、真の強い侍になろうと決めています。

しかし、自分に力がないことを痛感して悔しい思いをするのでした。

詳しいあらすじは、こちらをどうぞ

西郷どん第3話のあらすじとネタバレ!

西郷家の事情

嘉永元(1848)西郷家では、4男の小兵衛(こへい)が生まれ、11人の大家族となっています。

暮らしはますます逼迫していました。

気がかりなのは、龍右衛門が咳をして寝込むようになっていること。

龍右衛門は、先の短い自分に薬など買わなくていいと言います。

家を売って金にしようという吉之助と、体面を気にする父吉兵衛

いつものように親子喧嘩をします。

御用人として屋敷に出入りしている赤山は、借金のあてがなく困り果てる吉兵衛の話を聞きます。

何とか自分が金を貸してやりたいのですが、赤山にも余裕がありません。

知り合いの豪商に頼めば、貸してくれるかもしれない。

赤山の口利きで、翌日、吉兵衛と吉之助は廻船業を営んでいるという豪商・板垣の大きな屋敷を訪れました。

金に困って借りに来ているというのに、武士としての威厳を必死に保とうとする吉兵衛

吉之助はありのままを話し、なんとか貸してもらいたいと頼みます。

板垣は吉之助の素直さが気に入り、金を貸してくれるのでした。

中村半次郎との出会い

家路を急いでいる途中、庄屋とその使用人に負われる少年に出会いました。

ついに捕まってしまった少年は、折檻を受け始めました。

少年は半次郎(はんじろう)という名で、芋を盗んだようです。

半次郎役の中村瑠輝人(なかむらるきと)くん

吉之助が見かねて止めようとすると、

半次郎はスキを見て腰の木刀を抜いて、あっという間に打ち倒して走り去っていきました。

大人顔負けの太刀の腕でした。

半次郎の父親は城下士でしたが、島流しに遭い、畑を召し上げられたらしいのです。

見事な太刀さばきに、吉之助は感心して半次郎を見送りました。

なんとか金を借りることのできた西郷家では、家族全員が何年かぶりに白米のご飯をおなかいっぱい食べることができました。

西郷家に代々出入りしている使用人の熊吉の実家にも、米俵を分けてやるのでした。

ですが、このときの借金は長く西郷家を苦しめることになります。

熊吉の家に泊まった吉之助は、早朝、半次郎の家族が「走り」をするところを見つけてしまいます。

「走り」とは夜逃げをすること。

おそらく、借金がどうにもならなくなって逃げることにしたのでしょう。

脱藩は見つかったら死罪。侍は逃げたら二度と侍には戻れません。

吉之助は見逃してほしいと、半次郎の母親に懇願されます。

夫が罪を犯した理由を聞き、気の毒に思った吉之助は米を分け与えて家に届けてやるのでした。

斉彬と斉興の対立

赤山の屋敷に立ち寄った、正介吉之助半次郎の父の罪の話を聞きます。

半次郎の父は、貧しさのために薬も買えず、やむにやまれず藩の金を盗んだのでした。

薩摩藩では、百姓の身売りや逃散と同じぐらい、調所の軍役攻めで侍は貧窮しているそうです。

このままでは、貧しさから同じようになるものが後を絶たないでしょう。

吉之助は赤山に、どんな家に生まれたものもたらふく飯が食べれる世の中にしたいと、熱い思いを話します。

斉彬が藩主になり、薩摩が変わる日はそう遠くではない

赤山は吉之助に言いました。

斉彬が薩摩をきっと変えてくれる!

吉之助は赤山の言葉に、希望を持つのでした。

吉之助の何通もの意見書は、赤山を通して斉彬のもとに届けられていました。

そのころ、斉彬は立て続けに3人の子を亡くし、4歳の次男も息を引き取ってしまいました。

藩士たちの間で、誰かに呪い殺されたのではないか…という噂が流れていました。

斉彬はついに、父を隠居させようとします。

自分が藩主になることを福山藩主の阿部正弘(あべまさひろ)に告げました。

阿部正弘は若くして、幕府の最高責任者でした。

阿部正弘役の藤木直人さん

出典:twitter.com

斉彬斉興を失脚させるため、異国との密貿易など偽りを暴いた書状を提出します。

安倍は、江戸城に家老の調所を呼びつけて、事の真偽を問いただしました。

ところが調所は、斉興をかばいます。

斉興に罪が及ばぬように、全ては己の判断でしたことであると書き残し、自害してしまうのです。

お由羅騒動

調所の死が伝えられた薩摩の斉興の怒りは、凄まじいものでした。

由羅は、斉彬の子が次々に死ぬのまで自分が呪い殺している言われていると泣いて、訴えました。

斉興はますます激高します。

由羅の涙の訴えもあり、これをきっかけとして斉彬派と思われる者たちが次々と処罰されていきました。

切腹を命じられたものは13人もいました。

墓まで掘り起こされ、さらし者にされた者もあります。

お由羅騒動として、江戸でも評判になりました。

そして、ついに赤山靱負(あかやまゆきえ)にも死罪の沙汰が下ってしまうのでした。

Sponsored Link

西郷どん第3話の感想

親子の戦いが描かれました。

ついに、斉彬は父に隠居をしてもらう行動をとります。

斉興は自分を落とし入れて、偽りの書状まで送り失脚をさせようとする息子に激しく怒ります。

それはそうでしょう。

息子であればこそ、他人にされるよりも苦しみは大きかったはずです。

ですが、やはり親子なのです。

命までは奪えません。

斉彬も、父の命までは奪いたくはありません。

隠居をしてもらいたい。

由羅は、我が子の島津久光をなんとか藩主にしたいと思います。

けれど斉彬がいる。

斉彬は正室の子ですから、誰がどう考えても正式な後継者になるはず、

久光が藩主を継げるはずはない。

側室の子が、正室の子をさしおいて跡継ぎになるなんて、到底無理な望みですよね。

由羅が、自分の子が後継者になれるかもしれないと思ってしまったのは、

もちろん我が子への強力な愛情があったからですが、

相当、斉興に愛された人だったのだと思いました。

ドラマでも斉興に甘えるように、女を出していますよね。

男心を掴むのが上手な、可愛らしい人だったような気がします。

甘え上手な人でないと、お殿様を意のままにできないでしょうし。

斉興が言いなりになるぐらいに、女性として魅力的な人だったのですね。

もしも、由羅がいなかったら…

親子の話し合いはもう少しスムーズにできただろうと思います。

やはり、どこの国でも側室が力を持つとややこしくなります。

歴史が語っていますね。

まとめ

薩摩藩では、農民も武士も苦しい生活を強いられていました。

このままでは、薩摩はだめになってしまうと吉之助は心配します。

斉彬が近く薩摩の藩主になって返ってくると聞いた吉之助は希望を持つのでした。

しかし、斉興の失脚に失敗して多くの斉彬派の人が命を落とす「お由羅騒動」が起こります。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする