六義園のしだれ桜2018の見ごろ!ライトアップの時間や期間や混雑は?

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

東京で桜を見るなら、六義園のしだれ桜も候補にしてはどう?

六義園のシダレザクラは伸びやかに大きくて、流れる滝のようで本当に見事なんです。

昼間も圧巻の姿だけど、夜間のライトアップに浮かぶ桜も大人気です。

満開時はかなり混雑するようですが、やっぱり満開を見たいよね\(^o^)/

六義園のしだれ桜の2018の見ごろやライトアップの期間や時間について、紹介します。

Sponsored Link

六義園のしだれ桜2018の見ごろ

六義園のシンボル的存在のしだれ桜は、園内の内庭大門をくぐるとあります。

高さ15m、幅が20mもの大木です。

大きすぎて、写真撮影は難しいです。

是非、現物を御覧ください。

六義園のしだれ桜の見ごろは、ソメイヨシノの少し前になります。

六義園のしだれ桜の例年の見ごろ時期

3月中旬から4月上旬

✿追記です✿

今年は例年より1週間ほど早く花が咲き始めました。

今後も暖かい日が続くと予想されるので、散ってしまうのも1週間程度早まる可能性があります。

2017年の開花

2017年は、例年より少し遅く開花し始めました。

咲き始めは、3月20日頃でした。

満開を迎えたのは3月30日頃からで、4月5日頃が見ごろでした。

桜は気温に敏感で、開花時期が直前でも変わりますよね。

わわっ!!と咲いて、華々しく散るのが魅力なんですけれど🌸

ライトアップでは3月25日頃から、綺麗でした。

開花の遅れにともない、2017年はライトアップの期間も延長されました。

2017年のライトアップ:3月16日~4月6日

六義園のしだれ桜2018のライトアップの期間や時間

六義園のしだれ桜のライトアップは2018年も行われます。

ライトアップの期間:平成30年3月21日(水・祝)~4月5日(木)

ライトアップの時間:日没~21時

開園時間:9時~21時(最終入園は20時30分まで)

※期間中は駒込駅徒歩2分の染井門を開門する。

※16時30分以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域があります。

入場は20時30分までです。

ぎりぎりで行くと「終了しました」ということもあるそうです。

Sponsored Link

六義園のしだれ桜のライトアップの時間や混雑具合は

六義園のしだれ桜の満開の頃は混雑するようですが、どの程度なんでしょうか?

六義園の混雑具合

口コミを見てみます。

時期は満開のころです。

平日でも、多いようですね。

混雑する日や時間

満開の頃は、平日でもライトアップ時間では混雑するみたいですね。

🌸混雑する日(昼間)の予想

特に混雑する日の予想は、昼間では見ごろの時期の土・日・祭日

3月31日(土) 4月1日(日)

3月24日(土) 3月25日(日)

🌸混雑する日(ライトアップ)の予想

特に混雑するライトアップの日は金曜日の夜と土・日が混雑します。

3月30日(金) 3月31日(土) 4月1日(日)

3月23日(金) 3月24日(土) 3月25日(日)

混雑する場所と時間

もっとも混雑するのは、ライトアップの時間です。

入場券を買う長蛇の列ができて、購入に時間がかかります。

購入するのに、1時間以上かかることも…

混雑する駒込駅徒歩2分の染井門を避けて、通常の遠い正門に並んだ方が早く中に入れるようです。

遠いと行っても10分もかからず、すぐですよ。

可能なら、昼間に入場券を購入しておくといいです。

または、日没よりうんと早めに園内に入ってしまう。

園内をしっかり散策して、写真も撮りましょう。

六義園の中の吹上茶屋でお抹茶とお菓子をいただいてはどう?

お抹茶セットのお菓子は、季節で変わります。

12月だと、クリスマスツリーだったこともあります。

4月はやっぱり、桜??じゃないかもよ(^^)

まとめ

六義園のしだれ桜2018の見ごろは、例年は3月中旬より4月上旬です。

ライトアップの時は混雑します。

入場券の購入に並ぶ時間がかかります。

しだれ桜のライトアップは、「見て良かった~」との口コミがとても多いです。

新宿御苑は遅咲きの八重桜がキレイですよ。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする