オリンピック開催地ピョンチャンはどこの国で場所は?位置や地図と開会式会場

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

2018年の2月にオリンピックが開催されます。

開催地は「ピョンチャン」、漢字では「平昌」と書きます。

行ったことがないし、地理でも習わなかった気がする…忘れてるだけ?

なので、位置を地図で確認してみたいと思います。

開会式のスタジアムも、どんなのができているのか画像で見てみたいと思います。

Sponsored Link

冬季オリンピック開催地のピョンチャンの国と位置の地図

平昌(ピョンチャン)はどこの国

前回、2014年はロシアのソチでした。

ちなみに、2010年はカナダの バンクーバーでした。

2018年の冬季オリンピック

開催される国は韓国です。

平昌(ピョンチャン)の位置と画像

韓国と言うとソウルかプサンぐらいしか、わからない私

なので、調べてみました。

韓国の東北部になります。

あらためて、見ると韓国と日本は近いですね。

とっても仲の悪い隣人です^_^

ピョンチャンは韓国の首都のソウルから、車で3時間程度の距離です。

ソウルはピョンチャンからは北西の方角になります。

地図でみると、北朝鮮にとても近いんです。

平昌(ピョンチャン)の概要と開会式会場の画像

ピョンチャンの概要

2018年の冬季オリンピックの主催都市(Host city)は韓国の平昌郡です。

ピョンチャンといっても、競技会場は江陵市と旌善郡にも配置されています。

メイン会場は平昌郡大関嶺面という小さな村です。

なんと、人口6,141人の小さな村だそうです。

大丈夫か?と思ってしまいますが。

韓国の東北部にあたるので、夏は避暑地として、冬はスキーなどのリゾート地としての観光地です。

メイン会場に近い大関嶺地区は、標高850メートルにあります。

2月の平均気温は-5.9℃、寒いですね。

しかし、温暖化の影響で雪は充分ではないかもと心配されています。

人工雪の技術が充分ではないとも言われています。

ピョンチャンオリンピック開会式会場の画像と問題

開会式と閉会式は同じ会場で開催されます。

開会式・閉会式会場はオリンピアプラザ

場所は、もちろんピョンチャンです。

2017年9月に完成したスタジアムです。

五角形のスタジアムです。

ピョンチャンは人口が少なく、オリンピックの後は使用需要が見込めません。

そこで、撤去しやすいように簡易な作りになっています。

出典:wiki

経費削減のため、スタジアムには屋根がありません。

寒さの問題

開会式は夜間に4時間程度行われますが、屋根もない吹きっさらし状態で氷点下約10度の中行われることになります。

しかも十分な防寒装備も用意されていません。

 2017年11月5日には、K-POPコンサートで観客十数人が低体温症で病院に運ばれています。

開会式の同日同時刻にオリンピック関係者が視察をしました。

充分な防寒着でも寒すぎて「1時間過ぎたら凍死しそう」と言ったそうです。

対策として、オリンピックの総監督の宋承桓氏は、

  • 入場行進の間は観客はダンスをしてもらう
  • 選手には打楽器を演奏してもらう

それで寒さをしのいでもらうと説明しています^^

安全面の問題

建物の一部は撤去しやすいように、臨時の仮設物としてアルミ構造物で建設されています。

そのため、強い風が吹いたり、多くの観客が一斉に移動すると、はっきり感じられる揺れが起こると報じられています。

大丈夫なんでしょうか?

観客収容能力3万5000人に対し臨時トイレが10個のみ

選手だけでも足りなくないですか?

紙おむつは必須ですね。^^

Sponsored Link

まとめ

冬季オリンピックのピョンチャンは韓国の北東部の小さい村で、避暑や冬のリゾートの観光地です。

開会式の会場はオリンピアプラザで、オリンピックの後は一部は撤去されます。

簡易な作りで屋根がなく、安全面と寒さの問題があります。

開催地は宿泊施設も全然足りないため、多くの人がかなり移動せざるを得ないそうです。

寒さ対策のため、カイロや湯たんぽ、ひざ掛け、紙おしめと荷物が多くなりそうです。

会場は北朝鮮国境から近く、約80キロメートルの位置にあります。

最近の北朝鮮の緊張状態を考えると、心配になりますよね。

実際、各国の選手も参加を考えているようです。

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする