向田真優の出身中学や経歴とかわいい画像!父や弟もレスリング選手?

こんにちは!cherryです (*˘︶˘*).。.:*✿

レスリング世界選手権で向田真優選手が、東京五輪の内定を決めました。
初めてのオリンピックですが、金メダルも夢じゃない!
いつか、「霊長類最強の吉田沙保里選手」のライバルになると言われていた、大本命の選手です。

向田真優選手の出身や経歴などをまとめました。
父や兄弟も、スポーツ選手だったようです。

Sponsored Link

向田真優の出身中学や経歴

向田真優選手の経歴などを、ざっくりみていきます。

向田真優のプロフィール

向田真優(むかいだまゆ)

生年月日:1997年6月22日(22歳)

出身地:三重県四日市市

身長:157センチ

体重:57kg

担当コーチ:吉村祥子

幼少期は母と姉の影響で、空手をしていました。
5歳のとき、父の勧めでレスリングに転向しました。

小学2年生で、はやレスリングの才能が見えてきます。

三重県大会で優勝を皮切りに、全国少年少女選手権大会2006年から連続4連覇を達成してモンスターぶりを発揮しています。

2007年には、JOCエリートアカデミー入校の推薦を得ており、2010年4月に入校しています。

2007年は、小学校4年生ですね。
ランドセルしてます。
このころ、もうオリンピックの可能性があったとは、すごいことです。

向田真優の出身学校(中学・高校・大学)

向田真優選手は三重県四日市市の出身です。
中学は四日市市立泊山小学校に行きました。

四日市市は、初のオリンピック選手となったマラソンの中村匠吾選手、続いて向田真優選手が代表となって大喜びです。

向田真優の出身小学校四日市市立泊山小学校

中学は、JOCエリートアカデミー入校をしたので、アカデミーの近くの東京都北区立稲付中学校に行っています。

向田真優の出身中学校東京都北区立稲付中学校

アカデミーに入校ということは、中学から寮に入って、オリンピックに行くべく教育を受けてきたわけですよね。
睡眠も、勉強時間も、管理された生活って大変そうですね。

もちろん、恋愛は禁止だったようです。

高校は安部学院高等学校に進学しました。
この学校は、レスリングの強豪校として有名です。

向田真優の出身高校安部学院高等学校

女子校なので、男の子の目を気にせずにレスリングに没頭できる環境でした。

安部学院高校卒業後は 愛知県大府市にある「至学館大学」へ進学しています。
レスリングのトップ選手は、至学館大学出身が多いです。

向田真優の大学:至学館大学

レスリングをするなら、至学館!
吉田沙保里選手は2016年11月から2018年8月まで、副学長を務めていました。

メンタルの弱いタイプの人には、とても無理な学校ですよねぇ。
あのときの、ド迫力の記者会見がキツすぎて

怖いところなんや…というイメージになってしまいました。

すったもんだ、ありましたな

向田真優の経歴

次に向田真優選手の主な成績をみてみます。
ただし、2006年から連続で、あまりにもたくさんなので、比較的最近のものを紹介します。

■2016年

全日本レスリング選手権大会女子 55kg級

レスリング世界ジュニア選手権女子 55kg級 

レスリング世界選手権女子 55kg級 

■2017年

ジュニアクイーンズカップ女子 55kg級

全日本選抜女子 55kg級

■2018年

全日本選抜女子 55kg級

全日本レスリング選手権大会女子 53kg級

■2019年

全日本選抜女子 53kg級

ヤリギン国際大会53kg級

  • アジア選手権 – 2017年
  • ワールドカップ – 2017年
  • ワールドカップ – 2018年
  • レスリング世界選手権女子55kg級 – 2018年

なんか、たくさんありすぎてすごい。

彼女は、東京五輪の申し子なんですね。

来るべくして、オリンピックにいくような…
でも、死ぬかと思うほど練習の毎日だったに違いないです。

Sponsored Link

向田真優のかわいい画層

レスリングという格闘技を女性がしているので、「かわいい」というのは…失礼なのかもわかりません。

試合の最中の気合が入っているときは、怖いです。
でも、終わったときとか、ふっと気の抜けたときの顔は、やはり若い女性らしい表情ですよ。

写真を撮られるときって、試合中の寝技の時とか
試合が終わった直後のときとか

「気」が入ってるときのことが多いです。

どうしても、かわいい表情が消えてる瞬間が多いですね。
でも、普段はこんな感じ。

しっかり女の子ですね。

向田真優選手のことを調べていると、「かわいい」「筋肉」と検索されているようです。

向田真優選手は、もちろん、日々の練習で筋肉はついていますよね。

でも、特別にムキムキというほどではないように見えます。

肩とか太ももとかは、確かに筋肉がついているのですが、
バキバキではなくむっちりですね。

特別、筋肉が目立つわけではないのに「筋肉」と検索されているのは、

レスリングの選手だからすごく力持ち=めっちゃ筋肉がついてるはず
向田真優は強い=筋肉あるで!

こんな想像から、「すごいぞ筋肉」と検索されるのかもしれません。

向田真優の父と弟

向田真優選手は、両親と姉と弟の5人家族のようです。
スポーツ一家で、母と姉は空手、父親はブラジリアン柔術をしていました。

弟さんはレスリングの選手で、向田旭登さんです。

向田真優選手は5歳のとき、父に勧められて空手から、レスリングに転向したそうです。
弟さんも同じように、最初は空手をしていたのかもしれませんね。

お父さんのしていた、ブラジリアン柔術とは?
ブラジルの格闘技の一つで、日本の柔道を元に考えられたものです。

道着も柔道と同じみたいに見えますし、技もよく似ているようですよ。

父親が自分のしているブラジリアン柔術や柔道を勧めずに、娘にレスリングを勧めたのはどうしてなんでしょうか?

想像ですが、
空手で極めても、当時「オリンピック競技」ではなかったから?

柔道を選んだとしたら、将来オリンピックに出ることは難しいと考えたのかも?
柔道では、選手層が厚いのでトップをとるのが相当に難しくて大変…。

その点、女子レスリングは柔道に比べると、競技人口が少ないためオリンピック出場も夢ではない!と考えたのかも?

幼いときから、格闘技の素質があることを父は見抜いていたのでしょうね。

向田真優の彼氏

それこそ、5歳から始めたレスリング。
レスリング中心の生活で、彼氏はいるのでしょうか?

中学時代は寮で、恋愛禁止となっていました。
高校は、女子校だったので、出会いのチャンスも少なかったかも。

大学は、至学館大学は元々女子大学だったので、男子学生が少ないようです。
いろいろ調べてみましたが、彼氏の噂は出てきませんでした

22歳ですから、いても不思議じゃないのですが、

とにかく、今は、オリンピックを目標の毎日を送っているはず。
とりあえずはオリンピックのことで、いっぱい・いっぱいになってるのでは?

メダルへの期待が高まるなか、支えになってくれる存在がいるといいですよね。
もしかしたら、オリンピックで出会いがあるかもしれません。

まとめ

向田真優の出身中学や高校、すごすぎる経歴を見ていきました。

5歳のときからレスリング一筋で、中学では親元から離れ、寮生活をしていました。
大学は、レスリングの名門至学館大学に進学し、ポスト吉田沙保里として活躍してきました。

今の所、彼氏の情報はありません。

格闘技をしている女子って、競技を離れたらものすごく「乙女」ですよね。
吉田沙保里選手も、試合以外ではメイクも気を使って、目に星が入ってるかのようです。

気合だ!気合だ!~~!の娘さんも、めっちゃ乙女ですよね。
なんでかなぁ~

✿♬゚(。◕‿◕)♬✿  *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*♪♪

Sponsored Link
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする